ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

外資系企業のトップ人材を目指しています。20代の転職で意識すべきことは?

外資系企業のトップ人材を目指しています。20代の転職で意識すべきことは?

面接前にすべきこと

外資系企業のトップ人材を目指しています。20代の転職で意識すべきことは?

 現在は日系企業での勤務ですが、いずれは外資系企業に転職し、グローバルな活躍をしたいと思っています。20代、30代の転職をどう考えるべきでしょう。

可能です。課題発見・課題解決の実績があると、なお良い

 外資系企業で働くには、外資系企業で求められるスキルを身に付ける必要があります。もちろん企業によって様々ですが、共通しているのは、語学力でしょう。

 ここでいう語学力とは、TOEICなどのペーパーテストの点数を上げることも大切ですが、それが実務経験に裏打ちされているのが理想です。実際に「英語を使ってこうした業務を行っていた」「海外と接点をもって仕事をしてきた」といった実績があると評価が高くなるということです。とはいえ、語学力に自信がない人がまずは教科書的な勉強をし、ペーパーテストの点数を高めていくのは、大変結構なことです。

 チャンスがあるなら、日系企業であっても外国人の上司のもとで働いてみる、というのも1つの手だと思います。かつて、「外資系のトップセクレタリーになりたい」という女性の転職を担当したことがあります。彼女は秘書の経験がなかったので、まず「日系企業で上司が外国人」という企業に転職しました。こうして、日系企業にいながらにして、日常的に英語を使う環境に身を置くことができたのです。

 外資系企業に転職すれば、外国人とコミュニケーションをする機会が増えることでしょう。外資系企業に転職する以前であっても、それに近い環境に慣れておくことはできるのです。

外資系企業はブランド大学出身でないと無理ですか?

 無理ではありません。外資系企業に転職したいという方の多くは、英語を使う仕事、グローバルに活躍できる仕事を求めています。繰り返しになりますが、そこでまず必要になるのは、英語による実務経験。それがあれば、どのようなご経歴の方であっても、外資系企業でのキャリアは開けています。そもそも、外資系企業といっても千差万別です。英語力以外の部分を求めている企業もあるはずです。日系企業への転職がそうであるように、「○○ができなければ転職できない」と思い詰める必要はないと思います。

【 回答者プロフィール 】

田中真路 氏
田中 真路(たなか・しんじ)氏
マンパワーグループ
人材紹介事業部 コンサルタント

IT企業を経て、2011年にマンパワーグループ入社。IT業界を中心に、エンジニア、コンサルタント等の人材紹介を行う。