ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

自己PRは企業や職種ごとに変えるべき? そのコツは?

自己PRは企業や職種ごとに変えるべき? そのコツは?

面接に通る自己PR

自己PRは企業や職種ごとに変えるべき? そのコツは?

 複数の面接が進んでいます。自己PRは毎回変えていくべきでしょうか?同じ職種の面接なら使い回してもいいかと思うのですが……。

職務と自分がどうマッチするのか具体的に伝えること

 自己PRは応募先によって「必ず」変えるようにしてください。たとえ職種が同じでも、会社の規模や経営理念、事業内容などまで全て同じ会社などないからです。そんな会社と自分の経歴を照合すれば、こんな経験が生かせる、こんな活躍ができる、といった具体的なイメージが湧いてくるはずですが、それも毎回必ず違うイメージであるのが自然です。

 面接官は年間何百人の求職者と出会っている採用のエキスパートです。使い回している自己PRなど、簡単に見抜いてしまいます。そんな自己PRからは、「何がなんでもこの会社で働きたい」という熱意も意欲も伝わってはきません。

 よくいらっしゃるのが自分の熱意を一方的に語る求職者です。これだと「頑張ります」「お願いします」ばかりの一面的な自己PRになってしまうのです。本来、自己PRとは、これまでの積み重ねてきた自分の経験や実績、ノウハウなどをその会社のどんな場面で活用できるのか、自分なりの言葉で語るもの。そして、それこそが面接官が求めているものです。

 たとえ知識不足や勘違いがあっても構いません。面接官が求めている自己PRを具体的に、論理的に語ることで、自分が活躍しているイメージを面接官が持てるような話をしなくてはならないのです。そのような自己PRを考えようとすれば、「毎回同じ自己PR」など、まずあり得ないと思います。

一歩踏み込んだ企業研究にするには?

 面接ごとに異なる自己PRを用意するには、その会社や職務についてどれだけリアリティをもってイメージできるかがポイントになります。そこで必要なのは、徹底した企業研究です。とはいえ、インターネットや紙資料などから簡単に得られる情報には限りがありますし、ほかの求職者との差をつけることもできません。

 そこで、例えば知人を通じてその会社で働いている社員に直接話を聞いてみるとよいでしょう。あるいは、自分の会社のなかで、近しい職務についている人に話を聞いてみるのもいいと思います。こうした一工夫が、企業研究に深みを与えるのです。

【 回答者プロフィール 】

松本泰孝 氏
松本泰孝(まつもと・やすたか)氏
アデコ株式会社
人財紹介サービス部 キャリアコンサルタント

中堅ゼネコンの人事部門での新卒採用を行った後、情報システム部門と経営企画部門での業務に従事。
その後アデコへ入社し、提案営業職を経て、キャリアコンサルタントとして転職者サポートに従事。
CDA(Career Development Advisor)資格所有。