ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

離職率や平均年収の質問は失礼にあたらない?

離職率や平均年収の質問は失礼にあたらない?

聞きにくい質問の切り出し方

離職率や平均年収の質問は失礼にあたらない?

 長く働き続けたいので、その会社の離職率や平均年収がとても気になります。面接の場で直接質問してもよいものでしょうか?

失礼ではないが、聞き方と聞くタイミングには注意
 どちらも聞くこと自体は失礼には当たらないと思います。ただし、聞くタイミングと聞き方は考えたほうがいいでしょう。というのは、面接とは基本的に「求められる職務に相応しい人材かどうか」を見極める場所。そこで離職率や平均年収の話題を持ち出すと、「労働環境の良し悪しのみで会社を選ぶ人間ではないか」「職務に対する熱意が足りないのではないか」と疑われる恐れがあります。あるいは、離職率を気にする=周囲に流される人物ではないか、お給料を気にする=安定だけを求める人物ではないかなどと曲解されることもあるかもしれません。


 とはいえ、仕事選びにおいて離職率と平均年収が大切な要素であるのは事実です。「聞かない」決断という選択肢はあり得ないでしょう。そこで、聞くタイミングと聞き方が大切になってくるのです。ご自身で直接聞きたい場合は、内定が出た後に具体的な待遇についてのすりあわせを行う「オファー面談」で聞くとよいでしょう。つまり離職率や平均収入について触れるのは「内定が出るのを待ってから」ということです。もしくは自分で直接確認しようとせず、人材紹介会社などから情報を提供してもらうのもいいと思います。いずれにせよ、わざわざ面接の場で、自分の口から直接尋ねる、というのは避けたほうが無難です。

「資格スクールに通いたい」も面接で言う必要なし
 繰り返しますが、面接とは基本的に「求められる職務に相応しい人材かどうか」を見極める場所であって、労働条件等の、それ以外の情報は聞かれない限りは口にする必要はないと考えましょう。例えば「スキルアップのために資格スクールに通いたい」と考えていたとします。これ自体は職務に対する熱心さや前向きさの現れであって、評価されこそすれ非難されるものではありません。しかし、やはり面接の場で相談するべきことではないのです。採用側としては「業務最優先で頑張ってほしい」というのが本音です。他の求職者と並んだとき、一歩不利になることは避けられません。

【 回答者プロフィール 】

渡部 真哉氏
渡部 真哉(わたなべ・しんや)氏
株式会社ディスコ キャリアエージェントカンパニー
 コンサルタント

大学卒業後、専門商社にて営業を経験。その後転職活動をする中で人材業界に触れ、興味を持つようになり、2002年にディスコ入社。金融業界の他、コンサルティングファーム、管理部門など幅広い方のサポートをしている。