ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

「急な残業には対応できますか?」と聞かれたら

「急な残業には対応できますか?」と聞かれたら

返答に困る質問への切り返し方

「急な残業には対応できますか?」と聞かれたら

 家庭の事情があり、急な残業や出張に対応できないケースが出てきそうです。その旨、面接の場でも伝えがほうがいいでしょうか?(26歳 女性)

できるだけ前向きな回答を

 基本的には「できる限り対応します」と答えることをお勧めします。特に、現場で一緒に働くことになる方が面接官を勤めているような状況では、そうです。しかし同時に、事実として家庭の事情がある場合はしっかり伝えるべきです。「できる限り対応するが、家庭の事情があり、時にはお断りするケースがあるかもしれません」というのがよいと思います。

 すると、面接官のほうから詳しい事情を聞いてくるはず。そうしたら、「両親の介護が……」「子どもが入院していて……」などと、具体的に話しましょう。もしくは、面接の最後に「何か質問はありますか」と尋ねられた際に、自分が働くイメージがわくように、職場環境について具体的に質問をするのはよいと思います。「残業は多いですか」などとストレートに質問するのではなく、職務内容を詳しく尋ねるなかで、出張や残業の有無を推し量る、という形がよいでしょう。

 とはいえ、できれば応募前に残業や出張が多い職場かどうか、調べておきたいところです。求人票を見ればある程度は予想ができるはず。私たちのような人材エージェントを利用することでわかる情報もあると思います。その結果、「この会社で働きたい」と判断できない企業には、応募するべきではないでしょう。

業務について知りたいという姿勢を大事に

 育児休暇にせよ出張の有無にせよ、福利厚生制度や待遇ばかりについて尋ねてしまうと、どうしても「この人は応募している仕事への関心より自分の権利主張を重要視している」とネガティブ評価される恐れがつきまといます。面接では、基本的に「業務について詳しく尋ねる」というスタンスを忘れないで下さい。そうして仕事に対する前向きな姿勢をアピールしつつ、自分が知りたい情報を相手とのコミュニケーションのなかで集めていくのが、一番良いのではないでしょうか。

【 回答者プロフィール 】

岡田美予子 氏
岡田美予子(おかだ・みよこ)氏
キャプラン株式会社
紹介事業部 事業部長

大手総合商社に勤務した後、大手総合商社と人材サービス企業とのジョイントベンチャーによるファッション特化型人材紹介エージェントの立ち上げへの参画を経て、現職。大手総合商社及び商社事業子会社での実績多数、累計採用実績は800名を超える。