ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

男性ですが育児休暇をとりたい。面接時に質問してもよいか?

男性ですが育児休暇をとりたい。面接時に質問してもよいか?

聞きにくい質問の切り出し方

男性ですが育児休暇をとりたい。面接時に質問してもよいか?

 私は男性ですが、育児休暇をしっかり取りたいと考えています。それが無理ならその企業への転職も諦めたいと思うのですが、面接の場で聞いてもよいものでしょうか?(男性 31歳)

あえて自分から言い出す必要はありません

 採用過程において、「育児休暇を取りたい」と自分からあえて企業に伝える必要はないと思います。なぜなら、面接というのは、まずその人の経験や能力、仕事に対する価値観を見るためのものです。もちろん育児休暇の取得は誰にでも認められた権利ではありますが、面接は権利の主張をするための場ではないのです。

 とはいえ、育児休暇制度が整っていても制度の活用が進んでいない職場があるのも事実です。もしどうしても事前に状況を確認したいのであれば、最後のオファー面談などで、「ぜひ制度を利用したい」と自らの権利を最初に主張するのではなく、制度があるか、実際に社員の方がどう利用しているかなどの状況を確認するのがよろしいかと思います。

 自分のライフスタイルとして、育児休暇を取れない会社では働きたくない、という考えをお持ちなら、そのライフスタイルに合った会社を選べばいいだけ。会社の都合にあわせて育児休暇を断念する必要はまったくありません。しかし、その判断をするための情報を得るのは、面接という場ではない、ということです。

ストレートに聞かず別の角度から質問を

 女性の求職者の方であっても、自分から「いずれは育児休暇を採りたい」などと一方的に申し出るのは誤解を生むと思います。面接の流れの中で結婚等ライフスタイルに関する話になったタイミングで、社内の女性社員の比率や、女性社員はどう働いているか、また、育児休暇をとる人はどれぐらいいるかなど質問してみましょう。

 ここでも「育児休暇を取りたい」という権利を主張するのではなく、「会社のことをもっと詳しく知りたい」という姿勢をとることで、相手に誠意が伝わり、双方のコミュニケーションがより円滑になると思います。

【 回答者プロフィール 】

岡田美予子 氏
岡田美予子(おかだ・みよこ)氏
キャプラン株式会社
紹介事業部 事業部長

大手総合商社に勤務した後、大手総合商社と人材サービス企業とのジョイントベンチャーによるファッション特化型人材紹介エージェントの立ち上げへの参画を経て、現職。大手総合商社及び商社事業子会社での実績多数、累計採用実績は800名を超える。