ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

「ほかにどんな会社を受けていますか」どう答えたらいいですか?

「ほかにどんな会社を受けていますか」どう答えたらいいですか?

返答に困る質問への切り返し方

「ほかにどんな会社を受けていますか」どう答えたらいいですか?

 面接中に、ほかにどんな企業に応募しているか尋ねられました。いくつか応募しているのですが、正直に答えるべきでしょうか。 (男性 30歳)

企業選定の軸にブレがないか見るもの。正直に答えるべきです
 正直に答えるべきだと思います。この質問をする面接官には、企業選定の軸にブレがないかをチェックしたいという思惑があります。そこで「なんでその企業を?」「さっき聞いた転職の動機と合っていないのでは?」などと疑われるようだと、「これでは、うちの志望する気持ちも本気かどうか怪しいものだ」と判断されてしまう恐れがあるわけです。

 かといって、目の前の面接官に熱意をアピールしようとするあまり「御社しか受けていません」と答えるのは、逆にネガティブな印象を採用側に与えることになるでしょう。自分にとって望ましいキャリアを手に入れるための転職活動なのですから、合理的な判断ができる人材であれば、その希望に合致する企業があれば何社でも応募するのが当然だからです。

 もし最終面接まで進んだ段階でこの質問をされた場合は、求職者にとっての優先順位に探りを入れるという意図も裏にあるかもしれません。しかし、そこで「御社が一番です」「三番です」などとわざわざ数字を出して答える必要はありません。「自分が転職に求めるものはこうで、その希望と合致する企業で働きたいと思っています。その気持ちは活動当初から変わっていません」。このように「なぜ、転職したいのか」「なぜ、その企業を選んだのか」といった原点に立ち返り、返答しましょう。

ソーシャル系エンジニアの求人が活況
 IT系人材のなかでも、ソーシャル系エンジニアの求人が活況です。ただし、市場拡大のためとにかく人手が必要とされていた1年前に比べると、採用のハードル自体は上がってきているようです。興味深い動きとしては、開発拠点を福岡や大阪、仙台などの地方に拠点を移す企業が増えていること。これは、東京だけでは優秀なエンジニアの採用が難しくなっていることが背景にあります。逆にいえば、去年まで地方ではソーシャル系エンジニアの需要は乏しかった。今なら、Uターン採用、Iターン採用というかたちで地方で転職活動をすることも可能です。

【 回答者プロフィール 】

福村志郎氏
福村志郎(ふくむら・しろう)氏
テクノブレーン株式会社
人財事業部 キャリアコンサルタント

大学卒業後、テクノブレーンに入社。IT分野における人材紹介やカウンセリングを行う。人材の「やりたいこと」と「できること」の間にある課題を整理し、ともに解決していくことを心がけている。