ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

海外赴任先を選べますか?

海外赴任先を選べますか?

転職全般 

海外赴任先を選べますか?

 転職では、最近グローバル採用が目につきますが、地域によっては、転職後行きたくないところもあります。
入社後、転職する国や場所を選べますか?(男性 20代後半)

海外赴任では行先は選べません

 海外赴任を前提とした転職で行先は選べません。グローバル採用が広がり、海外進出してその比率を高めている企業が増えています。企業側からすると、人件費の安い国で製造工場を造り、海外で対応できるエンジニアを求めているわけですから、面接前にある程度、赴任先については予測と覚悟はできていると思っています。

 面接でたとえば、インドは行きたくないと回答したとすると、逆に「行きたくない理由は何か」などと、深く質問されます。結局、生活インフラが整っていないことを理由にしたら、そこで面接は終了でしょう。

 つまり企業は、求職者の環境における変化対応力を見ているわけです。ネガティブな対応では、採用に至らないのは当然でしょう。一般的に新興国への赴任を望む人は少ないでしょうが、赴任を前提に家族同伴か単身赴任かなどを聞くことは構わないでしょう。海外赴任について積極的な質問と思われるからです。

世界景気に左右される人材需要

 2012年9月に起きた尖閣諸島をめぐる日中の問題から景気の減速感が強まっています。特に中国、欧州の景気減速が強まり、日本企業へも影響がありそうです。ここまでで言えることは、中国、欧州のいずれの問題も簡単に収束しそうにないことです。なかなか予測がむずかしいといえます。

 ただし、海外拠点は中国一辺倒からそのほかの国への工場建設が多くなると考えられます。今後、エンジニアに欠かせないことは、海外の国に赴任しても適応力があることです。口先で海外へ行っても大丈夫です、というのではなく機会は積極的に受け入れ、実績として海外で残す必要があるでしょう。

【 回答者プロフィール 】

河辺 真典 氏
河辺 真典 (かわべ・まさのり)氏
株式会社メイテックネクスト
マネジャー

大手繊維メーカーに入社し、生産技術エンジニアとして勤務後、大手人材紹介会社に転職後メイテックネクスト入社。これまでに2500人以上のエンジニアの方の転職サポートの経験。