ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

25歳の女性ですが、第二新卒向けの求人はありますか?

25歳の女性ですが、第二新卒向けの求人はありますか?

面接前にすべきこと

25歳の女性ですが、第二新卒向けの求人はありますか?

 大学を出てからサービス業界に勤めている営業職の女性です。転職して職種を変えたいのですが、可能でしょうか?

事務職の正社員募集は減少傾向に

 質問者の方のように、女性の転職にはいくつか傾向が見られます。例えば、営業職ではなく、転職して事務職に移りたいから転職したい、販売職からオフィス勤務に移りたい、などです。

 ところが、営業のアシスタントや一般事務など、一般的に女性向け事務職の正社員の求人は減っています。事務職を希望する女性は多いのですが、契約社員や嘱託などで企業は人件費を節約しながら求人する傾向が強くなってきているためです。将来的にも正社員の事務職の求人が増える見込みは少ないでしょう。具体的には30代や40代の女性で正社員の事務職という人は、今より少なくなると思われます。

 20代であれば、キャリアチェンジも可能です。きちんと何をやりたいのか、自分の将来のビジョンを描き、本番の面接前にどのようなキャリアを目指すべきかを考えて転職活動をされることを勧めます。

女性の転職計画は念入りに

 全ての業界で働く女性たちが感じていることのようですが、最近、女性の寿退社(結婚を理由にした退社)が減ってきているようです。景気後退から、夫の給料だけではやっていけない、夫の会社は将来不安だ、などの理由から、出産しても女性は産休と育休をとった後、たいてい職場復帰するのだそうです。女性が育児のために会社を辞めて1年以上のブランクがあると、転職でも採用されにくくなるのだそうです。また、企業にとっては、残業ができるかどうかも、正社員採用の決め手になります。ですから、女性にとっては、出産や子育て、その後の育児などをしっかり見据えて、事前に転職計画を練ることが必要でしょう。

【 回答者プロフィール 】

松成 尚子 氏
松成 尚子 (まつなり・なおこ)氏
アデコ株式会社
キャリアコンサルティング部人材紹介担当

大学卒業後、アデコに入社。当初の5年間は、第二新卒専門の部署にて求人紹介やカウンセリングを行う。その後、製造業中心のコンサルタントとして、営業・購買・生産管理・貿易事務など幅広い職種を担当。