ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

契約社員の経験は転職活動でどのように評価されるでしょうか?

契約社員の経験は転職活動でどのように評価されるでしょうか?

ITエンジニア向け

契約社員の経験は転職活動でどのように評価されるでしょうか?

 契約社員を2回経験した28歳の男性です。そこで最近、IT企業の正社員を目指そうと思いますが、契約社員の経験は転職活動でどのように評価されるでしょうか?
契約社員の期間が長いのですが周囲の勧めもあり、正社員を真剣に目指そうと考えています。

職歴から見て、転職可能です
 結論から申しますとIT系企業の場合は、契約社員からも正社員になるチャンスがあります。ただし、条件があります。一つは、20代であること。つまり、若ければ若い人ほど、チャンスがあります。特にインターネット系の業界では経験や実績があれば、きちんと評価されるでしょう。この業界はいわゆる実力勝負の世界になります。

 最近では、趣味として作ったアプリなどが評価され、転職する人もいらっしゃいます。つまり、実力があれば、求人企業から正しく評価される傾向があります。得意分野をお持ちなら、日ごろから意識して、実績を残すことで、求人企業にアピールしてみたらいかがでしょうか。

 契約社員とは別に特定労働者派遣業務を行うIT系企業に就職したケースでは、当然ですが、社員ですので転職に躊躇する必要はないでしょう。転職できる可能性は高いです。

 ところが、コンサル系の企業では、契約社員から正社員へ転職を成功されたという例は、ほとんど聞いたことがありません。こうした例はなかなかお目にかかれないのでコンサル職種は除いて考えたほうがいいでしょう。

これからはスマートシティ、クラウド関連?

 今後、伸びる可能性があるのは、スマートシティとクラウドの分野でしょう。IT分野は先が読みにくい世界ですが、これからの街づくりを担うスマートシティ分野は伸びていく可能性が高いと思います。スマートシティとは、明確な定義はありませんが、エネルギー効率を高める技術や、省資源化を徹底した環境配慮型の街づくりがこの分野で話題になっています。水、交通、廃棄物など、あらゆる産業が関係し、最新技術が使われる可能性を秘めています。一見、ばらばらに見える産業も、それぞれをつなぐのは、IT技術になるでしょう。

 また手元のコンピュータで管理していたソフトウェアやデータなどを、インターネットのネットワークを通じてサービスの形で必要に応じて利用するクラウドコンピューティングもこれからの成長分野になるでしょう。

 今後、スマートシティ、クラウド関連の技術者の求人は多くなる可能性を秘めています。こうした可能性を考えながら、自分なりに情報を集めることは、転職に役立つのではないでしょうか。

【 回答者プロフィール 】

磯部 聡氏
磯部 聡(いそべ・さとし)氏
株式会社リーベル
キャリアコンサルタント

大学卒業後、IT企業のエンジニアに。2008年に同社入社。IT系のエンジニア、コンサルタント分野を得意とする。