ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

これから求人が期待できそうな製造業エンジニアは?

これから求人が期待できそうな製造業エンジニアは?

製造エンジニア向け

これから求人が期待できそうな製造業エンジニアは?

 昨年は東日本大震災、タイの洪水など大きな自然災害があり、企業業績に大きな影響がありました。そこで、これから期待できるエンジニアとして働けそうな製造業を教えてください。

V字回復が期待される自動車関連に注目します

 ここ何年か振り返ますと、2008年にリーマンショックがあり、その影響で09年まで 景気は大きく落ち込みました。それが2010年に、持ち直し、さあ、これからというところに2011年3月に東日本大震災、さらに秋にはタイの洪水で日本メーカーは大きな痛手を受けました。2011年は大きな自然災害が続き、海外に重要な工場を持つ自動車や家電メーカーが売り上げや利益を減らしました。2012年4月以降を予想しますと、やはり、トヨタ、日産、さらに部品メーカーを含む自動車関連のエンジニアへの求人意欲が高まるでしょう。

 特にトヨタは販売数量を年初から昨年を上回るかなり強気の数字を発表しています。今後、自動車とその部品メーカーの積極採用がフォーカスされるでしょう。つまり、2011年の売り上げが底になり、12年以降はV字回復するシナリオが続くと予想されています。トヨタなどの業界を代表するメーカーだけでなく部品メーカーも、高い求人意欲が見られます。今後は期待できそうです。

総合電機メーカーの安泰は続くか?

 総合家電メーカーなどが売り上げを落とし、将来ビジョンに向け再び、再構築している中で、東芝・日立・三菱など、早期に家電事業を集約しながら、発電や鉄道、水道事業などインフラ事業へ軸足をシフトした総合電機、重電系企業の経営は順調に推移すると見ています。エネルギーインフラに関するグローバルなニーズは堅調であり、今後も、安泰といえるのではないでしょうか。

 比較的安定していると思われる総合電機メーカーに対して、しばらく半導体メーカーは苦戦が予想されます。ただ、スマートフォンやタブレットの普及により記憶媒体のニーズも塗り替わる可能性もあり、また国内のマイコンメーカーも企業の事業集約により、そもそも信頼性が高い日本のマイコンも再度、巻き返しを図るべく準備を進めています。これら従来よりも速いスピードで経営は動いていますので目が離せません。

【 回答者プロフィール 】

河辺 真典 氏
河辺 真典 (かわべ・まさのり)氏
株式会社メイテックネクスト
マネジャー

大手繊維メーカーに入社し、生産技術エンジニアとして勤務後、大手人材紹介会社に転職後メイテックネクスト入社。これまでに2500人以上のエンジニアの方の転職サポートの経験。