ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

転職で本社採用と支店採用では、どのような違いがありますか?

転職で本社採用と支店採用では、どのような違いがありますか?

転職全般

転職で本社採用と支店採用では、どのような違いがありますか?

 地域を限った働き方について、調べています。本社採用、支店採用の違いで、その後の働き方を知りたいと思っていますが、大きな違いはあるのでしょうか。

転職後の後の働き方で違いがない会社もあります
 本社採用、支店採用の違いはこれまではありました。本社採用では、海外を含み国内のどこへでも転勤する本社採用と地域限定型といわれる支店採用では、採用された地域に根付いた働き方が求められました。ところが最近では、地域限定総合職などの名称で求人するケースもあり、必ずしも地域限定採用が一般職ではない採用の仕方もあります。

 例えば大阪支店採用の経理担当としてスタートして、経験を積み上げ実力が評価されて、本社勤務となる総合職として活躍される方もいます。ですから、支店採用でも支店勤務のままでは終わらずに、企業の中核となる部門で活躍される例も増えています。企業は優秀な人材なら、これまでの慣例や本社と支店間の垣根を越えたフレキシブルな人材配置で組織全体の活性化をはかろうとしています。

 もし本社採用や支店や支社採用でこうした疑問を持ったら、採用活動の段階で企業の担当者に質問するといいでしょう。

未開拓地で生活できる人が勝ち残る?

 最近、転職でもグローバルで活躍できる人が求められます。グローバルというとむずかしく構える人がいますが、わかりやすくいえば、「知らない土地で普通に生活できる人」ではないでしょうか。つまり、知らない土地で約束した場所に遅刻しないで待ち合わせができる。買い物も、食事もできる。そして現地の人と一緒に働ける。むずかしく角張った話ではなく普通に生活できる人ではないでしょうか。こうした人が求められている実感しています。つまり、留学や海外赴任など現地体験がある人はいっそう求人ニーズが高くなっています。

【 回答者プロフィール 】

谷内 健一氏
谷内 健一氏
株式会社 才蔵
採用コンサルタント

東京理科大学を卒業後、大手電気メーカーに入社し商品設計・企画を担当。その後、人材ビジネス業界へ転進する。業界・職種はオールマイティーに対応するが、特に製造系、IT系エンジニアの領域が専門。「転職は人生をもう1度楽しむ絶好の機会。前向きな転職を」と求職者に呼びかける。