ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

関西系の企業を探しています。転職では、関東在住者は、関西での面接になるのでしょうか?

関西系の企業を探しています。転職では、関東在住者は、関西での面接になるのでしょうか?

転職全般

関西系の企業を探しています。転職では、関東在住者は、関西での面接になるのでしょうか?

 子どもが小さく原発事故後のことを考えて、関西への転勤を決めました。

面接場所は本社で実施する企業がほとんどです
 関東在住者が関西への転職を希望されているわけですね。震災などの影響でしょうか。最近、多くなっているようです。またその逆に関西で働く人が東京へ戻りたいという相談もあります。どちらにしても、転職の際の面接では、企業の要望に合わせることが大変で苦労されると思います。ただし、関西の大手企業の中には、東京で転職セミナーを開き、東京で一次面接を済ますこともあります。こうした求人情報をチェックすることも大切です。

 面接試験では、ほとんどの企業は関西で実施するために交通費などは自己負担になるケースが多いでしょう。また平日に行われる面接が多いので計画的に転職活動を練る必要があります。ただし、自動車メーカーの中には、祭日に出勤を行っているところもあり、面接などを祭日に設定する例もあります。 いずれにしろ、転職希望地が遠隔地にある場合は、覚悟を決めて年休申請などで休みを取り、面接試験に対応する必要があります。

これからは女性とシニア世代の時代?

 今後、高齢化が進む日本では、若い人が少なく労働者不足が心配されています。そんな中で注目されそうなのは、働き手となる女性とシニア世代でしょう。特に年金問題などから今後、国の政策として高齢者しかつけない仕事を設定して、ある年齢以上にならないと、仕事に就けない分野を創設したらどうでしょうか? これからは、若い人ばかりでなく元気なシニア世代も働くチャンスが増えてくるでしょう。そのためには、現在、現役で働いている人も、しっかりとしてキャリア基盤を築き、将来を見据えることが必要でしょう。

【 回答者プロフィール 】

谷内 健一氏
谷内 健一氏
株式会社 才蔵
採用コンサルタント

東京理科大学を卒業後、大手電気メーカーに入社し商品設計・企画を担当。その後、人材ビジネス業界へ転進する。業界・職種はオールマイティーに対応するが、特に製造系、IT系エンジニアの領域が専門。「転職は人生をもう1度楽しむ絶好の機会。前向きな転職を」と求職者に呼びかける。