ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

今後、求人が期待できる製造業エンジニアは?

今後、求人が期待できる製造業エンジニアは?

製造エンジニア向け

今後、求人が期待できる製造業エンジニアは?

 震災後の景気が気になりますが、これから期待できそうな製造業エンジニアを教えてください。

グローバル展開する企業や自動車などに期待

 自動車メーカーや関連のメーカーは、震災直後に落ち込んだ生産台数を下期にカーバーする傾向にあるので、現状からさらに求人意欲は高まってくると期待しています。

 また家電メーカーは国内向けの地デジ対応のテレビやAV機器などの需要が一巡し、3DTVなど次の展開に向けた開発を進めているものの、積極採用には至っていません。一方スマートフォン需要に支えられた半導体・電子部品・電子材料メーカーは積極採用に転じていますので、これらの業界のエンジニアの方々には好機となっています。

 ほかでは、エアコン、カラーコピー機、建設機械など、グローバルマーケットに展開するメーカーは震災以後も求人は続くと見ています。いずれにしろ、震災後の国内景気や新興国の動きを注意深くチェックする必要があるでしょう。

原子力の技術者のゆくえ

 原子力関係の技術者の今後はどうなるか、という質問を受けます。福島原発では、今後数十年にわたる長期の課題が残っています。「廃炉」という大規模な商用炉では日本で初めてとなる技術課題に取り組むことになります。欧米企業の支援を受けながら廃炉についてより実行的な技術を習得・開発し、日本のメーカーが新たな技術を蓄積することになると思われます。

 震災を経て、安全対策対応を踏まえた日本の原発技術は今後どのような展開をしていくのか。

世論から一歩引いたエンジニアの視点でその技術の可能性を冷静に考える必要がありますが、日本の原子力の技術が不要になるわけではありません。グローバルでは震災以降も引き続き原子力がエネルギー政策の一躍を担っている国もあり、日本における技術開発も継続的に行われていくと思われます。

【 回答者プロフィール 】

河辺 真典 氏
河辺 真典 (かわべ・まさのり)氏
株式会社メイテックネクスト
大手繊維メーカーに入社し、生産技術エンジニアとして勤務後、大手人材紹介会社に転職後メイテックネクスト入社。これまでに2500人以上のエンジニアの方の転職サポートの経験。