ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

自動車エンジニアですが、求められるスキルは?

自動車エンジニアですが、求められるスキルは?

製造エンジニア向け

自動車エンジニアですが、求められるスキルは?

 自動車メーカーの技術職です。転職で求められるスキルとそのレベルを教えてください。

経験を積み重ね、一人前の技術者と認められる

 現在、自動車分野では、電気自動車やハイブリッド車など次世代車の開発エンジニアが求められています。年齢は25歳から35歳ぐらいまでの設計実務を担う求人が多く、また30代半ばから40代においては、外資系企業から日本の自動車メーカーとのプロジェクトを牽引するプロジェクトリーダーの求人が寄せられています。

 一般的に、国内の自動車メーカーでは入社後、設計、試作評価、量産プロセスなど製品開発の一連の流れを先輩社員の補佐を経て、経験を積み上げた上で主担当として育成するのが標準だと思います。ですから経験が浅いのに、あれもできます、これもできますと、面接でアピールしても、ウソになりますね。選考では、年齢相応のキャリアを適性に積み上げてこられたのかどうかをご経験のヒアリングからチェックされます。

 国内の自動車メーカーの開発は、チームワークを大切にしながら、設計と実験を繰り返し、抜け漏れのない信頼性を重視した設計思想をベースに仕事をしています。したがって面接においても質問には曖昧に答えず、できないことはできないと回答する方が良い結果を得られることも心得に入れていただければと思います。

 また自動車を構成するユニットや部品それぞれで求められる技術が大きく異なるため、異なる経験領域のユニットメーカーでの面接の際は、ご自身の人物面のアピールが非常に重要となります。その会社への志望意欲や技術への学習意欲などリアルに語れるように十分に準備して臨んでください。また総合的にコミュニケーション力も重視されます。

 担当プロジェクトにおいて社内やユーザーをコミュニケーションで実を結んだ具体的な実績があると面接で強くアピールできるでしょう。

国内から工場が消える?

 震災の影響から大手自動車メーカーやその他企業のトップの発言にて、国内製造拠点の海外移転を積極化するというコメントがマスコミをにぎわしていますが、高度な技術を有する国内部品メーカーがあって生産が成立する部分も大きく、また国内雇用の観点から考えても、ある程度は進むもののドラスティックには進行しないと思いますし、開発拠点においても同様だと考えます。

 とはいえ電力制限などの影響で国内から海外移転するメーカーは増えています。しかし、こうした流れは、最近に限ったわけではないのでマスコミなどの報道に惑わされないで転職に向けた心構えを築きましょう。

【 回答者プロフィール 】

河辺 真典 氏
河辺 真典 (かわべ・まさのり)氏
株式会社メイテックネクスト
大手繊維メーカーに入社し、生産技術エンジニアとして勤務後、大手人材紹介会社に転職後メイテックネクスト入社。これまでに2500人以上のエンジニアの方の転職サポートの経験。