ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

「当社のことは、どの程度知っていますか?」にどう答えるか

「当社のことは、どの程度知っていますか?」にどう答えるか

面接に通る自己PR

「当社のことは、どの程度知っていますか?」にどう答えるか

 先日の面接で「当社のことは、どの程度知っていますか?」と聞かれました。どのように答えればよいかわからず、「会社のホームページをじっくり見ました」と答えました。このような回答でよいのでしょうか?

応募先の事業内容をきちんとつかむ

 面接でよく聞かれる質問だと思いますが、この回答の仕方は大事です。「ホームページを見ました」と答えたなら、さらに面接官は「どこを見ましたか」と質問してくるでしょう。

ここで大切なことは、応募した企業の事業内容をきちんと把握することです。

どんなサービスや商品を売っているのかを調べ、自分であれば、どのように売るか、もっと売るノウハウを話せるか、どうかが合否の分かれ道でしょう。

ホームページ上では創設者や経営者の企業理念がよく掲載されています。それを見て、企業理念を覚えて、面接で「御社の企業理念にあるように・・・」と発言する人がいますが、企業理念に対する共感という話だけでは、面接官や経営者が高く評価することはあまり期待できません。企業理念はチェックした上で自分がどのように貢献できるか、その会社はどうなっていくのか、自分で一生懸命考えて、論理的に組み立てをして回答したほうがアピールになるでしょう。

転職でも新卒並みの応募数

 新卒採用では、内定率が下がり学生の企業への応募数は増えているそうですが、転職でもここへ来て応募数は増えています。在職中の転職活動では5、6社程度の応募ですが、仕事を辞めて転職活動をしている人は、数十社応募しています。

応募先が増えて1社1社を調べる余裕がないのか、お会いした人の中には、「御社は何をしている会社なんでしょうか」と初歩的な質問をする人が相次ぎ、採用担当者は、「会社研究もしないで受けるなんて」と嘆いています。しっかり研究してから面接に臨みましょう。

【 回答者プロフィール 】

三村 朋成氏
三村 朋成(みむら・ともなり)氏
セールスマーケティング 人材紹介部 部長 コンサルタント

2000年に大学卒業後、通信事業会社、人材紹介会社の起業などを経て2007年にセールスマーケティングに入社。