ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

グローバル人材の求人で求められるレベルは?

グローバル人材の求人で求められるレベルは?

転職全般

グローバル人材の求人で求められるレベルは?

 グローバル人材の求人に興味があります。メーカー勤務ですが、どの程度のレベルの人が求められているのか教えてください。

 企業の求人募集を見ていると、海外進出や海外に力を入れる企業が増えて、人材の募集が続いているような気がします。ただし、グローバル人材といっても語学だけできればいいわけではないでしょう。どんな点が求められるのでしょうか。

語学力よりコミュニケーション力

 簡単にいいますと、必要なことは“語学力”よりも“コミュニケーション力”です。語学力でいえば、現在、最低限として必要とされているビジネス英語のレベルは、一般的にTOEIC750−800点です。ただ、もちろん語学力も必要ですが、それ以上に大切なのはビジネスシーンにおいて必要な交渉や意思伝達ができるコミュニケーション力です。たとえTOEICで900点台のハイスコアを取った方でも、実際のビジネスシーンでコミュニケーションができなければ、採用に至りません。

 

 具体的には、世界各国にある拠点や工場の担当者に細かな注文や守るべき納期などを間違いなく伝える英語力が欠かせません。また、現地の担当者が話す英語が必ずしも分かりやすい発音や正確な文法に基づく英語とは限りません。そのような環境なので、実際のTOEICの点数よりも、しっかりと交渉、意思伝達できるスキルが求められています。

 

 ですから、TOEIC750−800点のレベルに到達しない人でも、外国人の上司の下で問題なく仕事ができた人は、グローバル人材として採用されるケースもあります。英語にアレルギーがなく十分に仕事で使えていれば、ポジションにもよりますがチャンスは十分にあると思います。

日系企業のゼネラリストは要注意 

 日系企業では、新卒で入社するとジョブローテーションがあり、3年−5年といった決まった期間で部署が替わることが慣例です。いわゆるゼネラリストと呼ばれる人たちがたくさん誕生します。

 

 ところがこのような人たちは、転職活動に入ると苦労することが多いのです。なぜなら、アピールポイントとなる自分の強みや、これから進むべきキャリアパスを絞りきれていないことが多いためです。例えば、営業に3年、企画に3年、総務に3年いたと仮定すると、何が即戦力としてのアピールになるか、迷ってしまいます。自分がゼネラリストだと思う人は、これまでの経歴を振り返って、これからどんなキャリアを築いていきたいか、ビジョンを描くとよいでしょう。

【 回答者プロフィール 】

前田 智子氏
前田 智子(まえだ・さとこ)氏
ロバート・ウォルターズ・ジャパン
コンサルタント サプライチェーン担当

2001年大学卒業後、米国カリフォルニア州にある日系企業に5年間勤務。2007年に帰国後、ロバート・ウォルターズ・ジャパン入社。.