ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

将来、社長になりたいのですが、何を心がけるべきでしょうか?

将来、社長になりたいのですが、何を心がけるべきでしょうか?

転職全般

将来、社長になりたいのですが、何を心がけるべきでしょうか?

 中堅メーカーのトップを目指してがんばってきましたが、社長交代を機会に転職を決意しました。ただし、これまでの経験をうまく相手に伝えられるか、自信がありません。心がけることはありますか?

優秀な人材は、経営トップとしてヘッドハントされる

 20−30代の人の中には、「将来は社長になりたい、CEOを目指したい」という人もいるでしょう。今後、将来は社長候補というヘッドハンティングの対象者になる人材は、増えてくると思います。

 

 なぜなら、最近の傾向として、例えば、投資ファンドの再生案件やオーナー企業の後継者問題などで外部から経営者をスカウトするなどのニーズが出てきています。上昇志向を持ち、トップを目指される人には、チャンスと言えるでしょう。

 

 規模感にもよりますが、プロ型経営者としてのスキルを持つ人材は、転職したい人の1000人に1人の割合でしょうか。このクラスになると、私の経験から、こちらが待っていては、めったに出会えません。ですから、こちらから、その人物の評判を聞きつけ、ヘッドハンティングするのです。

 

 優秀な人材でヘッドハントの対象となる年齢層ですが、普通の企業ですと、40代です。商社の子会社を任される人材で実績を残した人なども対象になります。IT系の企業では、若くても活躍の幅が広がっていますので、30歳手前からになります。

公務員OBも転職市場へ

 一部批判され、誤解されているところもありますが、キャリア官僚として活躍された人材へのニーズはあります。天下りへの批判はありますが、日本の官僚のシンクタンクとしての優秀さは欧米諸国でさえ認めるところであり、優秀な官僚OBなどを民間企業で迎えるニーズはあると感じます。

 また個人的には、官僚や将来の営者候補、プロフェッショナルファーム在籍者、事業会社の幹部候補で構成されている階層・ジャンル別の交流会を複数コーディネートしています。

 将来有望なキャンディデイトのみなさま同士でのネットワークも広がっており、官と民の橋渡しをできればと考えています。

【 回答者プロフィール 】

並木 哲彦
福留 拓人(ふくどめ・たくと)氏
東京エグゼクティブ・サーチ シニアコンサルタント

担当分野は、再生事業、地方案件など。学生時代に教育関係のベンチャー企業立ち上げに参画。米国の大学を経て、米系コンサルティングファームで米国進出企業のための進出支援コンサルティングに従事。その後、オリックス株式会社、教育系企業のCHO(最高人事責任者)を経て、東京エグゼクティブ・サーチ所属。