ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

過去に受けて落ちた会社に再挑戦してもいい?

過去に受けて落ちた会社に再挑戦してもいい?

転職全般

過去に受けて落ちた会社に再挑戦してもいい?

 以前に面接を受けて落ちた会社が、また中途採用の募集を出していました。そこで疑問なのですが、その落ちた会社へ再挑戦してもいいのでしょうか。

キャリアの上積みがなければ、まず実現しない

 おそらく受けても結果はダメだと思います。以前落ちたということは、その人のどこかにネックがあったり、経験やキャリアが足りなかったりと、何らかの理由があるはずです。また通常、過去の履歴書は後日返却したり、破棄されていたりしていますが、応募者のリストは作っているはずです。そこで名前を照らし合わせてチェックすることもあります。

 もし可能性があるとすれば、前回応募したときから数年がたち、キャリアにハクをつけた場合です。たとえば前回入社2年目で応募したが不採用。しかしその後、もとの会社で実績を積み、主任になったとか、大きなプロジェクトを成功させたとか、そういった何らかのキャリアの上積みがあれば別です。同様の理由で、新卒時に落ちた会社なら再挑戦は可能です。

 以前に、秘書だった女性がある会社の秘書職を受けて不採用になったものの、後に営業アシスタントとしてその会社に採用となったケースがあります。これは、その女性が秘書の前に営業アシスタントを経験しており、実績があったからです。ただ、こういった例はまれです。キャリアに大きな変化がないのなら、別の会社を受けたほうがいいでしょう。

経営者が語る採用のポイントは「自己実現」

 先日、とある2つの会社の社長と、それぞれ別個に会う機会がありました。その際にお二人が口にした採用のポイントは、偶然にも「自己実現」という共通の言葉でした。転職の面接で重要なのは、何か自分のしたいことをきちんと持っていること。それが会社に利益をもたらすか、その思いを全うしようと思っているかが採否の重要なポイントだそうです。「あれができる」「これができる」という自信だけではダメで、そこからそれ以上のどんなことができるのか。こうした理想を持っていなければ、どんなにすばらしい学歴やキャリアを持っていても採用しようと思わない。経営者はそう考えています。

【 回答者プロフィール 】

並木 哲彦
並木 哲彦(なみき・てつひこ)氏
オーエンス 代表取締役社長

大学卒業後、大手都市銀行に勤務。法人の新規開拓などを手がける。その後、コンサルティング会社の取締役を経て、同社を設立。金融、不動産を中心としたコンサルタントとして活躍している。