ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

面接でサービス残業の有無をどう質問するか

面接でサービス残業の有無をどう質問するか

聞きにくい質問の切り出し方

面接でサービス残業の有無をどう質問するか

 サービス残業の多さに悩まされた前職。転職先でも残業の多少がどうしても気になります。せめて残業代が出るのか、それだけでも面接時に確認しておきたいのですが…。

面接中は聞かないこと。聞きたいなら内定後に

 残業について聞くとしたら、内定が出た後です。つまり、面接段階では聞かないほうがベターです。もちろん、働く側として残業の有無は、ワーク・ライフ・バランスを考える上でどうしても気になるところです。企業側もそこは隠さず答えるべきでしょう。

 しかし、ご自身が面接担当者だったとしたら、この厳しい転職市場のなかで、残業の有無を気にする人と、「成果を上げるためなら残業もいといません」とアピールする人がいたら、どちらを採用したいと思うのかを考えてみてください。

 こうした聞きにくい話は、「内定を得てから聞く」のが無難です。内定が取り消される心配はまずありませんし、聞いた上でやはり納得できないとなれば内定を辞退すればいいだけです。「すぐに辞めていく社員が多い会社=労働環境に問題がある会社」かどうかのモノサシになる離職率を質問するときも同様です。

給与は「前職と同水準」を回答基準に

 給与については、面接中に担当者から話が出るでしょう。そこで現在の年収よりも高めの金額を提示する方がいるのですが、これはNG。まだ実績を上げていない以上、企業側が高い給与を支払うだけの理由がありません。基本的には「御社の規定に従います」と答えること。具体的な金額を問われたら「現在と同程度いただければ十分です」と答えるのが無難です。

【 回答者プロフィール 】

photo
小塚 康司(こづか・こうじ)氏
リーベル 取締役

独立系人事コンサルティング会社にて、大手流通業向けの従業員教育・モチベーションコンサルティング業務を経験。その後、大手ユーザー系システムインテグレーター、大手人材紹介会社を経て、リーベルへ参画。