ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

28歳で転職4回。第一印象を良くしたい

28歳で転職4回。第一印象を良くしたい

マイナス要因をプラスに変える方法

28歳で転職4回。第一印象を良くしたい

 28歳ですが、すでに3回の転職経験があり、次の転職で4回目になります。面接になると必ず指摘されるのですが、何と答えたら第一印象を良くできるでしょうか。

キャリアの一貫性と熱意をアピールする

 相談者が予想している通り、20代のうちに4回目の転職というのは多い印象を受けます。面接担当者にしてみれば、「またすぐに辞めてしまうかもしれない」と不安になるような人材を採用したくないのが本音です。一般的には、書類選考の段階で不採用となるケースが多いはずです。しかし、この相談者の場合、面接の段階まで進んでいますので、何かしら評価はされているのでしょう。

 例えば「4回の転職のなかに一貫した理由が見て取れる」「スキルが磨かれており、エキスパートとしての働きが期待できる」など。だとしたら採用担当者が「自分のどこを評価してくれたのか」を類推し、その部分をアピールしたいところです。

 あとは、いさぎよく頭を下げて「御社に骨を埋めます」という覚悟を強く示すことです。「転職回数が多い」という指摘は「採用しても長く勤めてくれないのではないか」という不安から発せられるもの。その心配を解消する決意の言葉が求められているのです。

転職回数、何回までが採用の目安か?

 やはり転職市場において、転職回数はネガティブな要素であることは、間違いありません。私の経験では、一つの会社で3年以上は、勤めてほしいところ。となると、20代なら2社までが目安になるでしょう。現在のように転職市場が冷え込んでいると、採用側はいっそうシビアな目で見ることになります。

【 回答者プロフィール 】

photo
岡田 靖史(おかだ・やすし)氏
テンプスタッフ・キャリア 首都圏営業部 CC統括部長

新卒で経営コンサルタント会社に入社。その後、不動産事業会社にて営業及び営業マネージャ−を経験し、テンプスタッフ・キャリアへ。一貫して経験している法人営業で身に付けた企業を見る目を強みに転職希望者をサポートする。