日経キャリアNET

ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

「希望年収は?」の質問にどう答えるか?

「希望年収は?」の質問にどう答えるか?

返答に困る質問への切り返し方

「希望年収は?」の質問にどう答えるか?

 面接中、「希望年収は?」と質問されることがあります。しかし、金銭面の話は積極的にするべきではないという話を聞きます。どう答えたらよいのでしょうか。

前職の給与を基準に、ただし判断は任せる

 「できるだけ多く」が本音かもしれませんが、選考上デリケートな要素ですね。職能給制度が確立した企業などでは、候補者の希望年収が募集ポジションの予算枠を超えている場合、採用を諦めてしまうケースもあります。またコスト意識の高くなった企業側は、入社後のパフォーマンスに応じて次年度年収で評価したいと考える傾向となり、面接段階では強くアピールすることは避けた方がいいでしょう。


 もっとも、希望を聞かれたら基準となる年収を設定します。例えば「前職では○○万円でしたので、同額かそれ以上を希望します」。それでいて、謙虚さを忘れないように「最終的には御社の規定に従います」などと、あくまで会社に判断を任せる姿勢を見せるのが無難です。


 面接評価が高まれば、あなたの希望額以上の提示も大いに有り得ます。また異業種や未経験の場合等は年収が下がる可能性もありますが、忘れてはいけないのは、評価(お金)は後からついてくる、ということです。入社後に、能力・実績が認められるよう主体的に率先行動を心がけましょう。

聞かれたことには誠実に答える

 「お金の話題は避けたほうがいい」とする意見もあるようですが、それは、お金目当ての転職だと思われないように「自分からは質問しない方が良い」という意味です。会社側が質問してきたら、誠実に答えましょう。

【 回答者プロフィール 】

photo
赤坂泰造(あかさか・たいぞう)氏
 キャリアサポート部 部長

大手就職情報会社に新卒入社。米国最大手のIT企業での人事、セールスマネジャーなどを経て、CA、キャリアコンサルタント業務に本格稼動。大手国際紹介会社マネジャー、特化型紹介会社で経営層を経験後、サトービジネスサービスキャリアサポート部の責任者として現在に至る。米国CCE認定GCDFキャリアカウンセラー。日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会認定カウンセラー。