ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

今とは別の職種に就きたい。正直に伝えてもいいか?

今とは別の職種に就きたい。正直に伝えてもいいか?

聞きにくい質問の切り出し方

今とは別の職種に就きたい。正直に伝えてもいいか?

 面接中「ほかにはどんな企業を志望しているのか」と聞かれることがあります。それについては正直に答えているのですが、実は職種が違うのです。ネガティブな印象を持たれるかと思い、伏せているのですが、話してもよいものでしょうか?

志望理由が共通しているならOK

 2つの職種の間に、一貫する志望動機、転職理由があるのなら話してもいいと思います。例えば、ずっとエンジニアだった人が、「より顧客に近いところで仕事がしたい」と考え、転職活動をしているとしましょう。 
 
 1つの会社では、顧客との折衝役であるプロジェクトマネジャーを志望。また別の会社では、新規の顧客を獲得する営業職を志望。そして、どちらもエンジニアとしての経験を十分に生かせる。これなら、志望動機は一貫しています。

 採用側が、複数の職種の間で揺れる人材について心配するとしたら、「キャリアプランにぶれがあるのではないか」というところ。その心配を解消するためのアピールにつながるのであれば、複数の職種を志望していることも、マイナス要素になるとは限らないのです。

「即戦力」をさらに意識して

 上の本文中、プロジェクトマネジャー志望のエンジニアの例を出しました。しかし、転職市場がいまだ活気を取り戻していない今、こうした希望の職種への転職は容易ではありません。

 採用側は、どんな職種についても即戦力を求めています。したがって、現場でもまれていたエンジニアであったとしても、マネジメント経験があることをアピールしておきたいところ。例えば、「新入社員をこうして教育したことがある」「短い期間ではあるがプロジェクトマネジャーの代役を務めた経験がある」といったようにです。

【 回答者プロフィール 】

photo
大田 耕平(おおた・こうへい)氏
アデコ 人材紹介サービス部 コンサルタント

大学卒業後、システムインテグレータでのシステム開発経験を経てアデコに入社。現在は、おもにエンジニア、WebデザイナーなどIT系職種を中心に様々な業界、職種の転職支援を行っている。