ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここが知りたい面接対策

「どうして職種を変えたいのか」この質問の真意は?

「どうして職種を変えたいのか」この質問の真意は?

返答に困る質問への切り返し方

「どうして職種を変えたいのか」この質問の真意は?

人事から営業への職種チェンジを考えています。面接を受けると「なぜ職種を変えたいのか」と質問されるのですが、どんなところに注意して答えるべきでしょうか?

担当者が知りたいのは、志望者の「本気度」

 答え方としては、例えば、「働くうちに新たに情熱を注ぎたい分野が出てきた」「もともとやりたい仕事だったが、割り切って力を蓄えてきた」などでしょうか。

 若いうちであれば、そういった純粋な動機も評価されます。過去に培ったスキルが新しい仕事にも生かせるようなら、その点についてもアピールできるでしょう。

 ただし、面接担当者が本当に知りたいのは、志望者の「本気度合い」です。一般的にそれまでの経験を捨て職種を変えるというのは、キャリア上不利なこと。それでも職種チェンジするだけの熱意が、あるのかどうか。

 ですから、単なる「あこがれ」や「思いつき」だと思われないことが重要です。例えば職種研究を徹底的に行い、具体的にイメージできていることを伝える必要があります。「職種研究が進んでいる」イコール「熱意がある」と評価されるからです。

 営業職ひとつとっても、法人営業、代理店営業、ルートセールス、反響営業、などさまざまな種類があります。自分が志望している営業はどれなのか。どんな能力が必要な仕事だと考えているのか。このあたりまで話に含めておきましょう。

「なぜ?」を3回繰り返す企業
 ある企業では、志望動機についてロジカルに掘り下げているかどうか、徹底的に問うてきます。思考力を見るためはもちろん、深く考えている人=それだけ熱意のある人、本気であると考えるからです。
 質問をする際も、「なぜ?」を3回、しつこく繰り返すのです。

例えば、営業をやりたいのはなぜか
→「向いているから」
→自分に向いていると思うのはなぜか
→「過去こういった経験があるから」
→当社の営業職を選んだのはなぜか、
というように質問されます。

 この企業は極端な例かもしれませんが、ほかの企業も、「本気度」を試してくるのは一緒です。3回の「なぜ?」にきちんと答えられるよう、面接前に練習しておくといいかもしれません。

【 回答者プロフィール 】

photo
浜野友宏(はまの・ともひろ)氏
アイ・アム エグゼクティブ・コンサルタント

大学を卒業後、IT系のベンチャーキャピタルを2年経験。その後音楽配給会社を経て、人材紹介業へ。2004年にアイ・アムの設立に関わり、現在に至る。得意分野はIT・インターネット分野の人材紹介。