ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職者インタビュー

ダイヤモンドダイニング:西村 剣太氏

ダイヤモンドダイニング:西村 剣太氏
photo

広告営業、音楽家を経て転職。
沖縄料理の店舗運営を任される

フードサービス
ダイヤモンドダイニング
琉球料理 島野菜
「土の実」店長
西村 剣太(にしむら・けんた)氏(28歳)

転職後の収入

 沖縄の島野菜をはじめとする当地の食材をぜいたくに使った料理を提供している琉球料理 島野菜「土の実」。ダイヤモンドダイニングが運営する同店は、オリジナルカクテルや人気の泡盛、希少価値の高い古酒までアルコール類も幅広く取りそろえられ、銀座にありながら本場の味を手ごろに楽しめる店として評判を集めている。

 店長を務める西村剣太氏は、広告会社の営業職から飲食業界の広報担当に転進し、その後現場の店長という異色の経歴の持ち主。大学時代にイタリア料理店でキッチンとホールのアルバイトを経験し飲食業を志すが、納得いく企業に出会えず卒業後は広告代理店に就職した。

 入社して与えられた業務は求人広告の新規営業。アポイントメントを取っては、さまざまな企業に飛び込んだ。「提案から契約、アフターケアまで、人と接することの楽しさを実感する毎日でした」。営業成績は優秀で職場の雰囲気も良好。しかし、入社2年後に転機が訪れる。

 「趣味で音楽をやっていたのですが、取引先の方を通して知り合ったメジャーデビューを目指していたバンドに、一緒にやらないかと誘われたんです」。周囲には大反対されたが、思い切って退職し音楽の道へ。しかし、方向性の違いにより半年後にバンドは解散してしまう。

 しばらくの間はアルバイトをしながら単独で音楽活動を行っていた西村氏だが、一生の仕事にはなり得ないと痛感。「それならば一度あきらめた飲食業界にもう一度チャレンジしてみようと思い、転職活動を開始しました」

上司に適性を見いだされ、広報から現場へ

photoアースカラーで統一され、シーサーやタペストリー、食器やグラスなど一つひとつに沖縄文化が反映されている店内。不定期で行われる三線生ライブでは、西村氏(写真右)自ら演奏する場合も。

 インターネットで企業の求人情報を探し、事業内容に最も興味を持てたのがダイヤモンドダイニングだった。「募集職種は広報だったのですが、その時の条件が『営業経験があり、飲食が好きな人』というもの。まさに自分のことだと思い早速応募しました」

 当時のダイヤモンドダイニングは、株式上場直前の倍々ゲームで会社が拡大している時期。プレスリリースも取材対応も多く、従来の広報にはない「攻め」の仕事ができる人材が求められていた。「自分なら今の状況にフィットした仕事ができる、ということをアピールしました」

 転職後は宣言通りのアグレッシブな広報活動を展開。大阪で新規店がオープンした際は地元の情報誌編集部に飛び込みで売り込みに行き、複数の媒体から取材オファーを受けることに成功するなど、営業時代に得たフットワークの軽さと粘りで着実に貢献した。

 しかし、体を動かして数字を取ることはできても、広報のメイン業務である取材記事のチェックやリリース作成など、デスクワークは大の苦手。「周囲に助けられながらなんとかこなしていましたが、なかなか『広報』という仕事になじめずにいました」

 そんな状況を心配した当時の上司が、西村氏と面談の機会を設けた。それは、「土の実」の開店準備が始まったタイミングでもあった。実は根っからの沖縄フリーク。「今までにない沖縄料理店を作りたい、そう言って店舗への異動を希望しました」。適性を見抜いていた上司はすかさず彼を現場へ送り込んだ。

 広報業務をこなしながら立ち上げに奔走し、未経験同様から1年足らずで店長に就任。「東京にあるどの沖縄料理店にも満足したことがなかったので、内装、食器、食材、料理、サービスのすべてを自分の知っている『本物』に近づけたいと知恵を注ぎました」

 結果、オープン当日から大行列。2周年を迎えた現在も着々と新規・常連客をつかみ、ダイヤモンドダイニングが運営する数多くの店舗の中でも高い成績を維持している。スタッフからの信頼も厚く、誕生日にはサプライズで沖縄旅行をプレゼントされたこともある。

 沖縄料理は冬期間の客数の確保が難しく、スタッフの定着も難しいなど課題は山積している。それでも西村氏は、「立地の良さを最大限に生かし、沖縄料理の激戦区であるここ銀座で、もっとも愛される店作りをしていきたいと思っています」と手応えを感じている。

[ PROFILE ]

神奈川県生まれ。関東学院大学経済学部経済学科を卒業後、新卒で広告代理店に入社。2年間営業として活躍した後退社し、2006年にダイヤモンドダイニングに転職。1年間広報業務を担当し、2007年9月より琉球料理島野菜「土の実」の立ち上げに携わり、2008年8月に店長に就任。現在に至る。

満足度(5段階評価)

満足度

達成予算など、守るべきポイントをはずさなければやりたいことを実現できるのが大きな魅力。店舗の入っている施設側ともよい協力体制を築くことができている。


転職データ

■応募した社数
3社
■面接に行った社数
2社
■転職にかかった期間
約1カ月
■情報はどこから入手
転職情報サイト
■面接でのアピールポイント

・飛び込みなど「攻め」の営業経験と体力
・飲食業界への好奇心