ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

同業種(同職種)への転職で気を付けたいのはどんなこと?

同業種(同職種)への転職で気を付けたいのはどんなこと?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

同業種(同職種)への転職で気を付けたいのはどんなこと?

これまでの経験を生かし、同業種(同職種)への転職を希望しています。同じような転職を実現している方の声などを基に、気を付けるべきこと、心がけたいことなどがあれば教えてください。(証券・32歳)

解決のポイントはココ

中途採用では基本的に即戦力で活躍していただける方を採用する企業が多いです。
その中で、同業種で同職種への転職の場合、これまで積み重ねた経験をそのまま生かせる可能性が高いため、企業側からは高評価される傾向があります。
しかし実際には、同業種の企業であっても社風や働き方、経営理念などは各社により異なります。必ずしもフィットできる可能性が高いといえない面もあります。
転職したい理由とその優先順位を明確にし、それを払拭できる企業かどうかの情報収集を徹底的に行うようにしましょう。転職後のミスマッチをできる限りなくすようにすることがとても重要です(疑問に思うことがあれば、面接などで確認することが最善策であると思います)。
ただ退職の際、競業避止義務に関わる誓約書や書面に署名が求められる場合などがありますので、競合企業に移籍する場合は注意が必要です。就業規則などにもしっかりと目を通すようにするといいでしょう。