ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

応募条件をすべて満たしていない場合、応募はどうしたらいい?

応募条件をすべて満たしていない場合、応募はどうしたらいい?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

応募条件をすべて満たしていない場合、応募はどうしたらいい?

求人情報にある応募の条件で「○○の経験が5年以上(程度)ある方」などと具体的に記載されていたり、必要な条件が複数記載されていたりする場合、すべての条件を満たしていないようで不安や迷いがあります。どうしたらいいでしょうか?(流通・29歳)

解決のポイントはココ

求める経験や年数を具体的に記載されていたり、必要な条件が複数記載されている場合、その具体的な経験や年数、また複数の条件をすべて満たしている方を対象にしている企業の募集は、確かにあります。
一方で、応募の条件はあくまでも理想であり、その条件を一部満たしていなくても、そのほかの経験など含めて「総合的に」書類選考を行う企業の募集もあります。
そのため、応募の条件を少しでも満たしていると考えた場合は、職務経歴書の該当する欄などにその条件部分を特に強調して記載し、まずは積極的に応募することをおすすめします。
企業が「総合的に」書類選考をする際に、どの経験を評価するのかは企業により様々であるのが実情です。応募の条件以外のこれまで経験してきた業務内容を全てわかりやすく記載し、アピールすることが重要です。