ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

「参加は必須ではない」とあるセミナーでも、参加したほうがいい?

「参加は必須ではない」とあるセミナーでも、参加したほうがいい?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

「参加は必須ではない」とあるセミナーでも、参加したほうがいい?

ときどき、求人情報にセミナーの情報が載っています。「参加は必須ではありません」などという断り書きもあるので、評価の判断材料にならないと思っているのですが、なるべく参加したほうがいいような気もして迷っています。(商社・31歳)

解決のポイントはココ

セミナーの予定が記載されているようであれば、スケジュールの調整がつく限り、できるだけ参加することを強くおすすめします。
参加が必須ではない場合、不参加であってもマイナスの判断材料になることはないと考えられますが、面接などの選考以外で企業の担当者の話を直接聞くができる機会は、そう多くありません。業務に対する考え方などが自身に合う、合わないを判断するためにも、ぜひご自身の目で確認していただきたいと思います。
セミナーに参加して得られる情報には、実際に面接に進んだ際に不可欠な志望動機の構成に役立つことが多々あります。多くの企業のウェブサイトは同じような内容で、その情報からオリジナルの志望動機をつくり出すことは、意外に難しいものです。
セミナーでは普段、オープンにしない情報や、社員の生の声で企業概要や社風を語ることが多いですので、そこで得た情報を面接対策に役立ていただきたいと思います。