ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

聞きなれない企業への応募を検討するとき、何を参考にするといい?

聞きなれない企業への応募を検討するとき、何を参考にするといい?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

聞きなれない企業への応募を検討するとき、何を参考にするといい?

求人情報の仕事の内容や条件などが自分に合っているので、応募したいと考えている企業があります。ただ、新聞やテレビなどでも目にしたことのない企業名なので二の足を踏んでいるのですが、どのような情報を参考にするといいのでしょうか。(広告・38歳)

解決のポイントはココ

世の中には、東証1部上場で健全な経営を行っている企業でも、世間一般にはほとんど知られていない企業は数多く存在します。そのような企業の応募者は、おそらくそれほど多くないことが想定されます。選考の競合が少ない分、内定が得られる可能性が高い求人案件になりえるともいえます。少しでもご興味があれば、まずは応募し、接触を計ることをおすすめします。
一方で、全く知らない企業に応募するのは、ある種の怖さのようなものを感じることがあると思います。その場合はインターネットで検索するなど、できる限りの情報収集を実行していただきたいと思います。
ウェブサイトの会社概要などの情報以外にも、例えば社長や経営陣の氏名を検索し、経歴を確認することで、会社組織のイメージがある程度つかめる場合もあります。多種多様な経歴の方たちが経営層に名を連ねている会社であれば、中途入社であっても努力次第でより上位のポジションを目指せる可能性が高いかもしれません。
インターネットで調べた情報には様々な内容が掲載されています。ご自身が大切にしたい情報を選び、応募する企業の決定に役立てていただきたいと思います。