ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

U・Iターンを望むとき、どのような点を事前に確認しておけばいい?

U・Iターンを望むとき、どのような点を事前に確認しておけばいい?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

転勤のないU・Iターンを望むとき、事前に確認しておくべきことは?

家族のことを考えて、転勤のないU・Iターンでの転職を希望しています。勤務地に「U・Iターン歓迎」などと記載されている求人情報もありますが、特に書いていない場合には勤務地などはもちろん、どのような点を事前に確認しておけばいいのでしょうか。(製造・45歳)

解決のポイントはココ

転居を伴う異動を希望しない転職希望者の方は、非常に増えてきています。一方で多くの大手企業や人気企業は、全国はもとより世界各地に事業展開している企業が少なくありません。
そのため、このような企業に正社員(総合職など)として入社する場合、基本的に転居を伴う異動が発生することを認識したうえで、転職する必要があります。
最近では、転居を伴う異動を望まない社員の離職を防ぐために、勤務地を自身で選択できるように制度を改める企業も出てきています。それらの制度に関する情報を重点的にチェックすることをおすすめします。
ただ転職サイトや自社の採用ページに「U・Iターン歓迎」などと明記している企業をはじめ、その地域で勤務することを歓迎している企業を選択することが、最もリスクが少ない選択だと考えられます。
正社員(総合職など)のため、転居を伴う異動が発生する可能性があるとしながらも、過去にその事例がほとんどない企業も存在します。面接などで、これまでの実績を確認するように心がけてください。