ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

求人情報の年収に幅があるとき、どの程度になると判断すればいい?

求人情報の年収に幅があるとき、どの程度になると判断すればいい?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

求人情報の年収に幅があるとき、どの程度になると判断すればいい?(金融・52歳)

給与の年収幅をみると、例えば「500万~1000万円」というように、上限と下限にけっこう開きがあるケースが数多く見られます。最終的に、どの程度の年収提示になるのでしょうか。

解決のポイントはココ

採用内定通知時に提示される年収は、面接などの選考での評価や現年収などを考慮され、決定されるものです。そのため一概に「これくらいの年収提示になる」と言い切るのは難しいです。
しかし、各企業には人事制度に基づいた給与規定がありますので、役職や役割、また年齢などにより、ある程度の年収が想定できます。「500万~1000万円」と記載がある場合は、そのポジションの方に任せたい役職や役割から想定される年収が、おおよそこの範囲内であると考えられます。任せたい役職や役割以上の活躍が見込まれる場合は1000万円以上の年収提示の可能性もありますし、またその逆のパターンも考えられます。
いずれにしても選考での評価次第となります。選考に進まれる場合には、しっかりと面接の準備をしてから臨むことをおすすめします。