ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

制度は整っていても、入社して間もない産休には不安がある…

制度は整っていても、入社して間もない産休には不安がある…

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

入社して、どれぐらいで産休や育休が取れるのでしょうか?(小売り・32歳)

最近、結婚しました。今後も仕事を続けたいのですが、現在の職場では産休・育休制度はあるものの、出産を機に退職した先輩も多く、私も出産する場合は転職を考えています。年齢のこともあり、制度が整った希望の会社に入れたとして、入社してからどのくらいで産休を取れるのかが気になります。

解決のポイントはココ

現在は国を挙げて働き方改革が推進されていますが、そもそも産休や育休は労働者の権利ですので、申告すれば取得するのは可能です。
ただでさえ入社から間もなければ、いろいろと不慣れな面も多く、必要以上に気を遣うことも多いと思います。そして実際にその会社での取得実績の有無、休暇から復帰した前例実績の有無によって、「取りやすい」「取りづらい」などという雰囲気があるのが実状だと思います。
選考の段階で実績の有無を確認したり、女性社員との面談設定を依頼したりして、実際の状況を確認するなどし、その会社の環境を確認することをおすすめします。
求人情報に「産休・育休の制度あり(実績あり)」などと明記しているケースもありますが、入社後に齟齬がないようにするためにも、事前の確認をしっかりしておくと、その後の不安の払しょくにもつながると思います。