ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

転職の給与交渉で、満足いく金額をもらえるようにするコツはある?

転職の給与交渉で、満足いく金額をもらえるようにするコツはある?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

転職の給与交渉で、満足いく金額をもらえるようにするコツはある?(生活・38歳)

求人情報の給与欄を見ると、多くの企業で「経験や年齢を考慮し、当社規定により優遇」といった内容が書かれています。転職先を決めるポイントとして給与が下がらないことを想定しているのですが、満足いく金額をもらえるようにするための交渉のコツはありますか。

解決のポイントはココ

書類選考を通過し、いざ面接となると「希望年収はいくらぐらいを想定していますか」など、どれぐらいの年収を希望しているか、現在の年収はどれぐらいかといった年収に関わる質問は、ほぼ間違いなく聞かれることになると思います。
選考される側の立場からすると、良い結果を得たいがために「貴社の規定に準じます」など、当たりさわりのない返答をしてしまいがちだと思いますが、それが結果的に満足どころか、転職の失敗につながりかねません。
転職をするうえで、優先事項に「給与(年収)」を求めるのであれば、面接の場などであいまいにすることなく、しっかりと希望年収を伝えることが重要です。そのため交渉のコツは、自身の意志表示を明確にするということになります。