ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

履歴書は、きちんと手書きしたほうが担当者の心証が良くなる?

履歴書は、きちんと手書きしたほうが担当者の心証が良くなる?

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

履歴書は手書きのほうが担当者の心証はいいのでしょうか?(衣料・30歳)

私はパソコンでオリジナルの履歴書を作成していますが、履歴書は手書きで作成したほうが人事担当者の心証はいいでしょうか? パソコンで見栄えを整えたほうが、自分の強みをアピールできるように思うのですが……。

解決のポイントはココ

自筆で丁寧に書いたほうがいいのか、パソコンなどで整然とまとめたほうがいいのかという悩みは、非常によく聞かれる相談ごとの1つです。自社のウェブサイトや転職サイトの応募方法で、手書きの履歴書を指定している場合を除けば、パソコン、手書きのどちらで作成したものであっても、大多数の企業で心証が変わることはないと思います。
手書きかどうかということよりも、履歴書で重要視されるのは「①端的に、わかりやすく記載されているか」「②応募する職種に見合う内容をきちんと満たしているか」といった点になります。
担当者は様々な履歴書に目を通すことになりますので、長くなりすぎないように心がけ、自分なりに読みやすさを工夫してみるといいでしょう。