ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

これだけは聞いておきたい 転職のギモン

必須とある資格の欄の注釈に「入社後の取得も可」とありますが、やはり入社前に取得しているほうが有利になるのでしょうか

必須とある資格の欄の注釈に「入社後の取得も可」とありますが、やはり入社前に取得しているほうが有利になるのでしょうか

転職に疑問はつきもの。かといって、周りには聞きにくい。
そんなときに頼れるのが、転職における面接対策をはじめ、様々な支援を行う専門職「キャリアアドバイザー」
日経キャリアNETの腕利きのキャリアアドバイザーが、皆さんの疑問にお答えします。

今回のギモン

必須とある資格の欄の注釈に「入社後の取得も可」とありますが、やはり入社前に取得しているほうが有利になるのでしょうか(建設・29歳)

よく求人情報に「必須の条件、資格」などとして業務に不可欠な資格が列記されていることがあります。注釈で「入社後の取得も可」と記載してある場合がありますが、入社後に取得することを前提にしても、採用で不利にならないのでしょうか。

解決のポイントはココ

入社前に当該資格を取得しておくことは、即戦力として業務に携わることができる可能性を高めますので、選考や採用が有利になる可能性は高いと思います。実際に求人情報に記載されているということは、企業の担当者がそこを採用のポイントとしているといっても過言ではありません。
一方で、人手不足に悩む企業を中心に「入社後の取得も可」とうたう企業は近年、増加傾向にあります。その場合はもちろん入社後に資格を取得することは問題ありません(企業によっては資格取得費用を負担する場合もあります)。
ただ、指定の期間内での資格取得が難しい場合は、その後の待遇や配属などに影響が出る可能性もあります。気になる場合は面接で確認するなどするといいでしょう。