フォーラムの歩き方

会場に一歩足を踏み入れると、企業ブースがずらりと並び、それぞれ数名の説明担当者が待ち構える――お馴染の転職フォーラムの光景ですが、思わず気圧される思いをしたことはありませんか。
今までフォーラムに参加して、転職を成功させた方達から寄せられたよくある質問をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

フォーラムは企業側と参加者との情報交換の場です
――スムーズな面談に役立つ事前登録、履歴書・職務経歴書

転職応援フォーラムはどういう形で行われるのですか。
形式はいろいろあると思いますが、今回のフォーラムは技術者から営業・事務職まで幅広く募集する企業がブースに並んでおり、それぞれ自社全体あるいは募集職種に関連する事業分野を紹介しています。説明者は採用部門だけでなく事業部門の担当者が詰めていることがほとんどで、かなり突っ込んだ質問にも答えてくれます。
フォーラムの事前登録は必要ですか。
事前登録はなくても参加できます。ただ、当日参加の方には(企業ブ−ス)訪問シートを会場で記入して頂くので、時間の有効利用のためにも事前登録をお勧めします。
面談の時、訪問シートの他に履歴書や業務経歴書も必要でしょうか。
自分自身の情報を整理し、面談をスムーズに運ぶためには用意しておいた方がベターですが、必須ではありません。
企業ブースではどんなことが行われているのですか。面談は「面接」と同じですか。
いえ、面接ではありません。一般的には企業側が事業と業務内容、必要な技術要件などを説明し、参加者は自分のスキルと諸条件がマッチするかどうか質問します。いわば情報交換の場と考えた方が良いでしょう。服装もビジネスカジュアルが無難ですが、ポロシャツ姿で十分です。

「埋もれた人材を発掘したい」が企業の本音です
――迷ったら「キャリア相談コーナー」を活用する

有名企業がずらりと並んでいると、「果たして自分の技術レベルで通用するのか」、「ベンチャー企業での経験しかないので笑われはしないか」と気後れしてしまいそうですが。
「“使える人材”を発掘したい」というのが参画企業の本音ですから、どんな企業に勤めているか(いたか)は重要ではありません。やはり重視するのはスキルや資質、業務経歴です。技術レベルや経験度についても、企業側は「現時点で要求レベルに達してなくても、将来モノになりそうな人材なら採りたい」という構えですから、懇切に応対してくれます。訪問企業の的を絞れていないなら、むしろ開き直って「情報収集の場」と思ったら如何でしょうか。

面談しただけでは「応募」にはなりません
――決意したら改めて応募手続きを

面談でかなり良い感触を得たので、企業側から連絡があると思っていたのに、何もコンタクトがなかった―と失望していた人がいましたが。
訪問シートを提出しても応募したことにはなりません。面談の結果、応募の決意を固めたら、改めて企業の採用部門に申し込む必要があります。応募の方法をその担当者に聞くか、日経キャリアNETのサイトでチェックして下さい。
転職意思が明確でなく、「条件次第で転職を考えてもいいな」くらいの軽い気持で参加するのは場違いですか。それと、現在勤務している企業が出展していると行きにくいですね。
転職意思は漠然としていても、現在のご自身の技術・スキルの市場価値の再確認、将来の企業動向と自分を伸ばす可能性を発見する場として、フォーラムを活用したら良いと思います。また、勤務中の企業が出展していても、そのブースに行かない限り分かりません。ブースの配置も示しているのでニアミスも防げます。

視野を広げるという“ゆとりの姿勢”で新たな展望を
――より良い仕事に遭遇するには、フォーラムを何度でも賢く利用する

一度参加して、その時はマッチする企業がなかったのですが、また参加しても差し支えないですか。
全く問題ありません。ご自身の技術・スキルが向上し経験も深まっているはずです。一方、企業側でも採用ニーズが変わっていきます。要件がマッチすれば、転職慣れした人より歓迎されるのではないでしょうか。
最後に、こうしたフォーラムに参加する際の心構えを教えて下さい。
不況期に憧れの企業に入れなかった方、なんとなく行き詰っている方、それでも転職を漠然としかイメージ出来ない方々にお勧めしたいです。「この企業に転職したい」と最初から的を絞っている転職希望者よりも、むしろ、「どんな企業が何をしようとしてどういう人材を集めようとしているのか」を情報収集するくらいの姿勢の方が良いのです。その方が自然体で視野が広がり、自分自身の市場価値の再発見とともに、自分にぴったり合った企業との遭遇も期待できるのです。