ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

イベントレポート

日経ビジネス&キャリア・イノベーション・カンファレンス Vol.1

日経ビジネス&キャリア・イノベーション・カンファレンス Vol.1

パネリスト紹介

アクセンチュア株式会社
公共サービス・医療健康本部
シニア・マネジャー

小中 洋平

オリックス株式会社
グループ人事部
人事チーム


谷 愛

株式会社東京スター銀行
法人金融部門 投資銀行部
アシスタントヴァイスプレジデント


黒田 寛展

株式会社トライステージ
第2営業部長 兼
新規事業推進室長

山本 理史

ファシリテーター

アストロウィング代表

袖山 俊夫

━個人の視線で見て、自身の会社の“イノベーション”だと思える事業や取り組みを紹介してください。

小中:当社が関わるすべてのプロジェクトがイノベーションです。ビジネスモデル自体もトランスフォーメーションしているところが面白いといえます。

谷:水族館の運営や農業ビジネスなども手掛けている点が当社らしいといえます。いずれも、ボトムアップで展開されているほか、複数の事業部門が連携しています。

黒田:当行は銀行としては大きな規模ではないものの、先進的な案件に取り組んでいます。支えているのは、スピードとフレキシビリティです。私も入行後は、それらを実感しました。

山本:売れるメディアの枠をデータをもとに販売している点が特徴です。しかも、実績をベースに提案であるのが、イノベーションだと思います。新たな仕組み作りにも意欲的です。

━貴社が積極的にイノベーションを推進していくために、社員にとってどのような環境が用意されていますか。

山本:組織が縦割りではありません。非常に相談しやすいですし、自分の意見を通しやすい環境といえます。一致団結というか、前向きな感じがします。

黒田:ディールに関わること以外のストレスがかなり少なく、純粋にディールに集中できます。また、多様な人材がいるのも当行の特徴です。若手にも責任ある仕事をどんどん任せてもらえます。

谷:決まったやり方に固執することなく、担当者の考えるベストを追求できます。また、ジョブローテーション制度も活発なので長期的なキャリアを形成していけます。

小中:3点あります。第1に、当社の企業文化・企業風土。第2に、プロジェクト制。もう1つは、内製主義。必要なリソースがなければ、外部から調達するという考え方です。

━今の仕事からどのようなことが自分の資質やスキルとして得られていますか。また、ご自身の将来として、それをどのように生かしてキャリアをデザインしていこうと思うか、教えてください。

小中:明確なキャリアデザインは思い描いていません。色々な可能性があるからです。プロデューサー的な能力を身に付け社会にインパクトを与える仕事をやっていきたい。

谷:現状、新卒採用を担当しており会社全体を俯瞰できています。今後は、営業にもチャレンジしていきたい。特に、環境・エネルギー分野には興味があります。

黒田:個人的には、様々な買収ファイナンスのストラクチャリング、オリジネーション等、ファイナンス組成能力が向上したと感じています。今後は、親会社のCTBC Bankのグローバルなビジネス基盤を生かして、より難易度の高いディールを手掛けていきたいです。

山本:折衝相手がクライアントの経営陣とあって、バランスシートやキャッシュフローを見たり、読んだりする機会が増えました。私自身も将来はCEOを目指したい。