ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

イベントレポート

日経ビジネス&キャリア・イノベーション・カンファレンス Vol.1

日経ビジネス&キャリア・イノベーション・カンファレンス Vol.1

パネリスト紹介

アクセンチュア株式会社
執行役員
デジタルコンサルティング本部
統括本部長

立花 良範

オリックス株式会社
グループ人事部長



直井 厚郎

株式会社東京スター銀行
法人金融部門
執行役


宮地 直紀

株式会社トライステージ
取締役
長執行役員

妹尾 勲

ファシリテーター

株式会社横田アソシエイツ
代表取締役

横田 浩一


━最近貴社で生み出した「イノベーション」の具体的な事例、今後のイノベーションに向けて手掛けているケースと、そのときの「成功したキーファクター」を教えてください。

立花:お客様のビジネスパフォーマンスをさらに上げていくために、最近は違ったタイプの人間がチームを組んで化学反応を起こすケースが多くなってきています。

直井:大阪空港コンセッション事業の成功ファクターは、チームプレイです。プロジェクトでは、当社だけでなくフランスの空港運営会社も加わり、一緒に成功を目指しました。

宮地:メガバンクと競合するにあたって、当行では様々なバックグラウンドを有する専門性に優れた精鋭たちがお客さまの担当となります。北関東の中堅企業とフランスの超大手企業との直接取引にかかるサポートをしたのも我々です。

妹尾:当社のイノベーションはどれだけ売れるかという、価値基準に基づいて媒体の料金表を作り、ボリュームに価値を付け放送局を説得したことです。

━貴社の中でイノベーションを生み出す場合に必要な人材のスキルや要素、またそのような人材を生み、育てていくために企業が推進していることがあれば教えてください。

立花:当社の社是は、お客様の最終的なビジネスに貢献することです。その実現に向けて、クライアントファーストの精神とテクノロジーへの好奇心が要求されます。

直井:当社は4割がキャリア入社です。彼らにも企業理念を共有してもらいたいとの考えから、機会を設けています。自由度の高い働き方を末永く保っていきたいからです。

宮地:イノベーションを生み出せるかどうかは、すべてマネジメントの仕方次第です。行員のアイデアを汲み取り、形にしていく。それは研修で身に付くものではないと考えます。

妹尾:イノベーションを起こせる人材の素養は、2つのソウゾウ力に掛かっています。1つは、想像力。もう一つが創造力です。できれば、突破力も期待したいところです。

━イノベーション志向の人材が貴社に入社した場合、どのような成長が描けると思いますか。

立花:多様な価値観の人々と働くことができます。また、色々な業種のお客様、特にCEOと接し経営の根幹に触れるオポチュニティがあります。時代的にもこれからもっと面白くなると思います。

直井:金融調達に長けた人材は、インフラ調達にも応用できます。その応用力や、マーケットへの対応力を身に付けられます。やる気、根性がイノベーションでは重要。それ以外は、すべてが揃っています。

宮地:私は、キャリア形成において「経験」と「仕事の密度」、「クオリティ」の3つを掛け合わせた体積を重視しています。経験を積み、キャリアアップできる環境がある当行では、さらにビジネスの変革を進めているので、入行して2年後は相当成長していると思います。

妹尾:「当社でどんな成長ができますか」という人は要りません。小さい会社ですから、頑張ればすぐにでも売上に貢献できます。10年後にマーケティングのど真ん中にいる会社を見たい方はぜひ来てください。

セッション2(座談会)「これからの時代のキャリアイノベーションとは?」へ