ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

会員アンケート

第22回 社風への評価と対応

第22回 社風への評価と対応
「風通しがよい」「自由度が高い」社風に高評価、
7割以上が転職先の社風を重視
日経キャリアNET会員に向け、社風・人間関係と転職に関するアンケート調査を10月に行い、729人から回答を得ました。2回に分けてアンケート結果をご紹介します。皆様の転職活動の参考にしてください。
編集部

どんな社風を好ましいと思いますか?

「風通し」や「自由」を重視、「体育会系」は好まれず

 社風への関心と評価を調べるために、まず10種類のよくある社風をリストアップして、回答者に個人として好ましいと思うか好ましくないと思うかを選んでもらいました。
 8割の以上の回答者が好ましいと答えたのが、「風通しがよい」「自由度が高い」「時間厳守」「自由に発言できる」の4つでした。年代に関わらず幅広く支持されています。意見が分かれそうな「個人の成果重視」「担当外業務への意見」「チェレンジ精神」「安定志向」なども半数以上の回答者が好ましいと答えています。

 一方、上下関係や目標達成に厳しいいわゆる「体育会系」の社風は、6割以上の回答者に好ましくないと思われています。体育会的な傾向が見られがちな営業部門に所属する回答者も、その多くが好ましくないと回答しています。年代別で少し差が出ているのが「安定志向」と「個人の成果重視」で、20代とそれ以上で意見が分かれているように見えます。

会社の社風についてどう感じていますか?

 現在の職場または直近に在籍していた職場の社風をどう感じているかを聞きました。

 社風に合わないと感じているという回答(「あまり合わない」と「まったく合わない」の合計)が約半数ありました。その理由を見るとトップや上司への不満が目立ちました。「トップに権力があるがリーダーシップがない(商社・30代女性)」「上から言われたことしかしない(メーカー・30代男性)」「イエスマンだらけ(メーカー・40代男性)」「経営陣が責任をとらない(メーカー・40代女性)」「男女差別が根強い(IT・30代女性)」などが代表的なコメントです。

 社風に合っていると感じている回答者の多くは「仕事の自由度が大きい」「自由に意見が言える」「風通しがよい」などの意見が目立ちました。「若い会社で意見が言いやすい(金融・30代女性)」「成果主義で非生産的な仕組みが少ない(IT・20代男性)」「古い会社だが変革に努力している(IT・30代男性)」「トップのリーダーシップが強い(金融・30代男性)」などが代表的なコメントです。

 特徴的なコメントとして「(社風に)合わせられるようになった(メーカー・30代女性)」「典型的な大企業なのでよい(金融・20代男性)」などもありました。

会社で社風へどのように対応しましたか?

 社風に対して個人でどのように対応したかを質問しました。自分に合っている社風を社内に広げるような行動をするのは、若い世代のほうが積極的なようです。反対に、合わせる努力をしたという回答は年代が上がるにつれて多くなります。20代の3割は社風に合わないことを理由に転職を考えているようです。

転職先企業選びで社風をどのくらい重視しますか?

 回答者の多くが転職先の社風を気にしているという結果になりました。「とても重要」「収入ややりがいなどと同等に重要」という回答の合計は7割を超えています。「まったく気にしない」と回答した人はほとんどいませんでした。

社風を知るためにどんな方法を使いますか

 社風は言葉で表現するのが難しく、人によって感じ方も違うので、入社する前に調べて判断するのは難しい面があります。転職するときに希望する企業の社風をどのように調べているかを聞きました。いちばん多かった回答はインターネット上の口コミサイトの利用で、約6割が利用しています。面接で直接聞いたり、企業のウェブサイトを調べたりするというオーソドックスな方法も上位です。20代では友人・知人を情報源にするという回答が目立っています。

社風を知るために面接などでどんな質問をしますか?

 面接で社風について知りたいときはどんな質問をすればよいでしょうか。比較的多かったのが「評価制度の特徴」「経営者との距離感」「平均的な残業時間」を聞くという回答でした。「面接ではあえて聞かない(メーカー・40代男性)」「聞くと嫌な顔をされる(金融・40代男性)」という回答もありました。

社風がよさそうなイメージの企業はグーグル、トヨタ

 外から見て社風がよさそうに見える企業を聞いてみたところ、420人から回答がありました。多くの企業名が挙がりましたが、件数が多かったのがグーグル、トヨタ自動車、リクルート、ヤフーなどです。また、社風について雑誌やウェブサイトなどで取り上げられることが多い伊那食品工業(長野県)や未来工業(岐阜県)の名前も複数、挙がりました。