ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

会員アンケート

第20回 転職で人気の企業ランキング2016

第20回 転職で人気の企業ランキング2016
グーグル、トヨタ自動車、アマゾンなどが上位、
有名大企業が人気
日経キャリアNET会員に向け、転職意識や希望企業、転職ツールなどに関するアンケート調査を7月に行い、535人から回答を得ました。3回に分けてアンケート結果をご紹介します。皆様の転職活動の参考にしてください。
編集部

転職先を選ぶ際の最優先項目はどれですか?

仕事のやりがいと自分の成長を重視

仕事のやりがいと自分の成長を重視する傾向が高く、全体の約半数が転職先を選ぶ際の最優先項目と答えています。特に20代では7割弱が重視しています。続くのは、年収の高さや安定性・将来性ですが、両方とも約15%でした。年代が上がるにつれて安定性・将来性を重視する傾向があります。


転職したい企業名とその理由

外資系IT企業、国内大手メーカー、商社がランキング上位

回答では約330社の企業名が挙がりました。大手企業から中堅中小、地方の企業、官公庁、地方自治体、学校法人など広範囲に渡ります。その中で、多くの会員が転職希望先として挙げた企業を集計しました。1位から4位は、グーグル、アマゾン、トヨタ自動車、日本マイクロソフトの順となりました。
選んだ理由として、いちばん多かったのは自分の人脈や経験を生かせることで、やりがいや社風などが続きます。なお、理由の集計は約330社全体を対象にしていますので、必ずしもランキング表にある企業が選ばれた理由ではありません。

転職したい企業ランキング
順位 社名
1 グーグル
2 アマゾン
3 トヨタ自動車
4 日本マイクロソフト
5 アップル
5 ゴールドマン・サックス
5 楽天
5 三菱商事
9 JPモルガン
9 ホンダ
9 日産自動車
9 日立製作所
13 LINE
13 アクセンチュア
13 キーエンス
13 ソフトバンク
13 ボストンコンサルティング
13 伊藤忠商事
13 三井物産
希望する理由
順位 希望理由
1 自分の人脈や経験を生かせる
2 やりがい
3 経営姿勢や社風がよい
4 企業の成長性
5 安定性
5 業界大手企業
5 高収入
5 勤務地
9 チャレンジできる
9 製品やサービスが魅力
9 自分のキャリアアップ

企業を選ぶときの情報源は何ですか?

6割が人材紹介会社を活用、SNSの活用はまだ少数派

会員のみなさんへのアンケートのため、当然ながら転職サイトが企業を選ぶ情報源として上位になります。2位以下を見ると、人材紹介会社や企業のウェブサイト、ヘッドハンターなど、定番のチャネルを頼りにする人が多いようです。昨年も同様の結果でしたが、LinkedInやFacebookなどのSNSを活用する人はまだ少数派のようです。