ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

会員アンケート

第13回 転職に対する意識と転職先の選び方2016

第13回 転職に対する意識と転職先の選び方2016
約4割が今の仕事に満足していても
自分の成長やチャレンジのために転職を考えている
日経キャリアNET会員に向け、働き方の意識や転職の成功・失敗談、年収の希望などに関するアンケート調査を2015年12月に行い、751人から回答を得ました。3回に分けてアンケート結果をご紹介します。皆様の転職活動の参考にしてください。
編集部

働く目的や働き方について

世代を超えて自分の生活や成長を重視

働く目的や働き方について自分の考えに当てはまるものを選んでもらいました。やはり「自分や家族の生活のため」と「自分の成長のため」が上位となり、世代間の違いも大きくはありません。
世代間の違いに目を向けると、30代と40代は収入の高さにこだわる傾向があり、20代は余暇を充実させるために働くという意見が目立ちました。経営者や会社の方針に共感して働くという意見は30代と40代にはそれなりにいますが、20代では少数意見のようです。


転職についての考え方

4割が現状に満足しつつも転職を検討

転職についての考え方や状況で自分に当てはまるものを選んでもらいました。年収や職場の環境など現在の状況を改善するために転職活動をしている人が多く、6割以上を占めます。世代間の違いはほとんどありません。
現在の仕事に満足しているが、自分の成長やチャレンジのために転職を考えているという積極派の回答も4割弱ありました。一方で、不満がなければ転職は考えないという回答は3割弱、さらに多少不満でも我慢できる範囲なら転職しないという回答も2割強ありました。


転職先企業を選ぶ基準は何ですか?

転職先はやりがいと成長を重視して選択

全体の約8割が仕事のやりがいを重視して転職先を選ぶと回答しています。自分の成長を重視するという回答も6割強ありました。30代と40代の約半数が事業内容を重視すると回答しているのに対し、20代はやや少なくなっています。
20代と30代の3割弱が大企業や有名企業を選ぶと回答していますが、全体としては、大企業志向はあまり強くないという印象です。その他の回答としては、収入や待遇を重視するという意見が目立ちました。