新サイトオープンと日経キャリアNETサービス終了のお知らせ
日経の新しい転職サイト「日経転職版」オープンに伴い「日経キャリアNET」は、2021年1月14日(木)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。終了までのスケジュール等はこちらをご確認ください。

会員アンケート

第8回『子どもに入社してほしい企業ランキング』集計結果

第8回『子どもに入社してほしい企業ランキング』集計結果
子どもに入社してほしい企業 息子1位トヨタ自動車、娘1位 全日本空輸

就職・転職情報サービスの日経HRは、転職情報サイト「日経キャリアNET」の会員を対象に、子どもが就職活動をすると仮定して、「息子、娘に入社してほしい企業」を挙げてもらいました。調査結果からグローバルに事業展開して、仕事を通して成長できる国内、外資系企業が上位にランキングされました。

編集部 鈴木

<調査概要>
○調査方法/日経キャリアNET会員を対象にしたWEBを使ったアンケート方式。有効回答数:633 人
○調査期間/2013 年11 月8 日〜11 月15 日

Q1.息子・娘に入社してほしい企業

息子に入社してほしい企業
順位 前回
(2010年)
社名 回答
者数
1 3 トヨタ自動車 57
2 1 三菱商事 40
3 6 グーグル 39
4 5 ソニー 25
5 6 三井物産 22
6 20 全日本空輸 18
7 9 ホンダ 16
8 2 地方公務員 15
9 18 NTT 14
10 45 マッキンゼー・アンド・カンパニー 12
11 35 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 11
11 45 アップル 11
13 28 IBM 10
14 - アマゾン 9
14 20 ソフトバンク 9
16 6 JR東日本 8
16 20 日立製作所 8
18 28 キヤノン 7
18 14 ゴールドマン・サックス 7
20 14 伊藤忠商事 6
20 18 電通 6
20 20 サントリー 6
20 20 三菱重工業 6
20 14 楽天 6
20 11 リクルート 6
娘に入社してほしい企業
順位 前回
(2010年)
社名 回答
者数
1 3 全日本空輸 32
2 2 地方公務員 31
3 9 グーグル 29
4 1 資生堂 28
5 4 三菱商事 22
6 9 ソニー 19
7 17 トヨタ自動車 18
7 13 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 18
9 12 三井物産 14
10 21 リクルート 12
11 21 NTT 11
12 53 マッキンゼー・アンド・カンパニー 10
12 5 ベネッセコーポレーション 10
12 13 オリエンタルランド 10
15 8 JTB 9
15 28 日本航空 9
15 5 三菱東京UFJ銀行 9
18 28 花王 8
18 28 日立製作所 8
20 28 日本放送協会 7
20 13 ワコール 7
息子、娘に入社してほしい企業
息子1位トヨタ自動車、2位三菱商事、3位グーグル
1位全日本空輸、2位地方公務員、3位グーグル

 息子に入社してほしい企業は、1位「トヨタ自動車」(2010年3位)、2位「三菱商事」(同1位)、3位「グーグル」(同6位)、4位「ソニー」(同5位)、5位「三井物産」(同6位)の順でした。前回の2010年に比べて大きく順位を上げているのは、マッキンゼー・アンド・カンパニー、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、アップル、IBM、アマゾンなどの外資系企業でした。 また、景気が上向き好決算発表の企業が相次いでいるためか、公務員の順位が下がっています。

 娘に入社してほしい企業は、1位「全日本空輸」(2010年3位)、2位「地方公務員」(同2位)、3位「グーグル」(同9位)、4位「資生堂」(同1位)、5位「三菱商事」(同4位)の順でした。娘は息子に比べて大きな動きはありませんが、マッキンゼーが大きく上昇し、他にはトヨタ、日本航空、花王、日立製作所が上がっています。

トップ企業の選択理由
息子1位のトヨタ自動車=「グローバルな事業展開」「安定性」「ブランド力」
1位の全日本空輸=「グローバルな事業展開」「仕事を通して成長できる」

 入社してほしい企業を選んだ理由を企業別に見ると、息子1位のトヨタ自動車は「グローバルな事業展開」「安定性がある」「知名度・ブランド力がある」「将来性がある」、三菱商事は「グローバルな事業展開」「仕事を通して成長できる」「知名度・ブランド力がある」「年収が高い」、グーグルは「グローバルな事業展開」「仕事を通して成長できる」「仕事内容が楽しい」が理由として多く挙がりました。

 娘1位の全日本空輸は「グローバルな事業展開」「仕事を通して成長できる」「知名度・ブランド力がある」、地方公務員は「安定性がある」「社会に貢献している」「転勤がない」、グーグルは「グローバルな事業展開」「仕事を通して成長できる」「仕事内容が楽しい」「スキルが身につく」が理由として多く挙がりました。

 また、学生に聞く人気企業ランキングでは、銀行を中心とした国内金融機関が上位に来ますが、娘の15位「三菱東京UFJ銀行」が最高位でした。金融では、ほかに息子の18位にゴールドマン・サックスが入りました。

 息子・娘とも企業の選択理由として海外展開に積極的で自己成長できる外資系や国内企業が選ばれています。前回調査(2010年12月)と3年後の今回を比較すると、有効求人倍率では、0.47倍から0.98倍(2013年10月)、失業率では5.1%から4.0%(2013年10月)と雇用環境が好転していることも調査結果に影響していると思われます。

Q2.Q1で回答した企業を選んだ理由はどれですか?(5つまで)

企業選択理由
息子「グローバルな事業展開」「仕事を通して成長できる」
「仕事を通して成長できる」「安定性がある」

 息子に入社してほしい企業の選択理由は、「グローバルな事業展開」(47.9%)、「仕事を通して成長できる」(41.2%)、「知名度・ブランド力がある」(31.8%)の順で、娘に入社してほしい企業の選択理由は「仕事を通して成長できる」(37.1%)、「安定性がある」(33.6%)、「グローバルな事業展開」(31.9%)の順でした。

 息子・娘で差があったのは「グローバルな事業展開」(息子47.9%、娘31.9%)、「年収が高い」(息子20.4%、娘12.3%)、「事業戦略が優れている」(息子21.3%、娘14.5%)、「福利厚生が充実している」(息子10.9%、娘16.7%)でした。家計を支える息子は「年収」、出産・育児などがある娘は「福利厚生」を重視しているようです。

Q3.お子様が海外勤務を希望した場合、どうしますか?

海外勤務について
息子=賛成7割
=賛成5割

 子どもが海外勤務を希望した場合の対応では、息子・娘ともに「賛成する」が最も多い回答でしたが、息子68.4%、娘が49.4%と約20ポイントの開きがありました。「反対する」は息子2.1%、娘9.0%、「地域によって対応が異なる」は息子29.5%、娘41.5%となりました。

 息子は勤務地に限らず賛成するものの、娘は勤務地が大きく影響するようです。若者の内向き志向が話題となっていますが、保護者は子どもが海外へ出ることに前向きなようです。

Q2.お子様の内定先企業にブラック企業という噂がある場合、どうしますか?

内定先企業がブラック企業の噂
息子「ブラック企業かどうか調べる」
「内定辞退を勧める」

 内定企業が「ブラック企業」という噂があった場合の対応については、息子は「本当にブラック企業かどうか調べる」(40.0%)、「内定辞退を勧める」(25.3%)が多く、娘は「内定辞退を勧める」(39.8%)、「本当にブラック企業かどうか調べる」(34.4%)の順になりました。息子、娘ともブラック企業には長く勤めさせたくない親の心理が反映しているようです。その一方でブラック企業という噂があっても「気にしない」「働かせる」という回答も息子13.8%、娘7.9%ありました。