ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

英語面接なんて簡単だ!

外資系企業で必ず聞かれる質問は何でしょうか?

外資系企業で必ず聞かれる質問は何でしょうか?
外資系企業で必ず聞かれる質問は何でしょうか?

世界を相手にするグローバル企業の求人が広がっています。
そこで日本人が苦手な英語による面接についてネーティブのコンサルタントがアドバイスします。

Experis Legal Futures(エクスぺリス・リーガルフューチャーズ株式会社)
最高執行責任者

ダミオン・ウェイ氏 (BA Hons. 英国弁護士)

Damion Way


英国と香港で弁護士資格を取得。大手国際法律事務所アレン・アンド・オーヴェリーのロンドン事務所にて司法トレーニングを受け、金融・証券部門弁護士として約3年間ロンドン、香港、東京事務所で勤務する。1999年にパートナーと共にリーガル・フューチャーズを設立し、法務・コンプライアンス部門において大手人材紹介会社の一つに成長させた後、2013年マンパワーグループへ売却。現在、最高執行責任者。

マネージング・コンサルタント
アラゴン・ セイントチャールズ氏 (BA Hons.)

国際法律事務所や企業法務部門へ、パートナー、外国法事務弁護士、日本弁護士を紹介するリーガルリクルーター。 ロンドンでエグゼクティブサーチコンサルタントとしてキャリアを築いた後、2005年に日本へ拠点を移す。東京の国際的企業でHRディレクターとして勤務した後、2007年にリーガル・フューチャーズへ入社。法律事務所や企業法務のリクルートを担当するプロフェッショナルリーガルリクルーターとしての地位を確立する。

シニア・コンサルタント
ヘレン・ハワード氏 氏 (MA Hons. 英国弁護士)

大手国際法律事務所ハーバート・スミスにて司法トレーニングを受け、2009年に英国弁護士資格を取得。 ハーバート・スミスへ入所する以前に、JETプログラムにて3年間大阪で勤務した経験を持つ。ロンドンでリクルーターとしてのキャリアをスタートし、アジアやモスクワの市場を担当。その後シンガポールへ移り、金融・証券会社や商工業の企業法務のリクルートに従事。2012年より東京に活躍の場を移し、企業、金融サービスのリーガルリクルートを担当。

外資系企業で必ず聞かれる質問は何でしょうか?

グローバル展開する企業の法務分野に興味があります。面接で必ず聞かれる質問について教えてください。

 面接で聞かれる質問は、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはスキルに関する質問、もうひとつはパーソナリティーに関する質問です。

 スキルに関しては、求職者の担当業務内容について聞かれ、ここもまた、求職者が自分の職務やスキルについてプレゼンするチャンスです。簡潔に質問に答えるのではなく、取り扱っている法律や契約書の種類、クライアント対応の内容や、どのような部門サポートをしているかなど、できるだけ具体的に答えましょう。また、これまで経験した法務案件でのチャレンジや困難だったことなども聞かれますので、もちろん守秘義務の許す範囲でできるだけ詳しく話し、自分のキャパシティを伝えることが大事です。

 パーソナリティーに関する質問では、ワークスタイルについて聞かれることがありますが、面接官はその質問によって候補者がチームプレーヤーなのか、独立して仕事をするタイプなのかを探り、チームにフィットするかを見極めています。あらかじめリクルーターから面接先の法務チームについて説明を受け、その中に自分が入った場合、どのようなワークスタイルが求められるのかを想像して答えを考えておくのがベストでしょう。

 弁護士の転職の場合、面接回数は3~5回くらいですが、グローバル展開する企業ですと、本社が海外にあるケースも多く、海外の面接官と面接というパターンもあります。そういった場合、採用決定は海外本社からの返事待ちということもあり、面接のプロセスが半年くらいかかることもあります。また、選考期間は短くても、何度も面接に訪れることもありますし、とにかく転職にはPatience(忍耐)が必要です。

 専門知識とスキルを身に付けた弁護士は、英語のレベルがそんなに高くなくてもキャリアアップできますが、法務スキルが高く、なおかつ英語力がある弁護士の方が、例えばAPACジェネラル・カウンセルなど、よりシニアでグローバルな職位に就くチャンスがあります。日本では、ロースクールが設立されて間もなく、2006年から新司法試験が始まり、このために司法試験合格者が急増して、修習後に全員が法律関連の職に就職できないことが伝えられています。米国流のロースクールを取り入れたため、米国同様に弁護士があぶれている状態です。その中で、英語力を磨いて差をつけるのはいいアイデアではないでしょうか。

 当社は、日本と香港を拠点に、アジア全域において活躍する弁護士、弁理士、企業法務、特許などの知的財産担当者、パラリーガル、コンプライアンス担当者、金融業界全般の転職・求人をサポートする人材紹介会社です。法務職で転職をお考えの際は、当社のコンサルタントへご連絡ください。

今回のPOINT

面接では守秘義務の許す範囲で話しましょう。質問への回答からあなたへの信頼度が試されるからです。 弁護士への面接は、3~5回ですが、一部の企業では長期にわたる複数の面接が想定されます。