ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

英語面接なんて簡単だ!

ネーティブのコンサルタントをうまく活用しましょう

ネーティブのコンサルタントをうまく活用しましょう
ネーティブのコンサルタントをうまく活用しましょう

世界を相手にするグローバル企業の求人が広がっています。
そこで日本人が苦手な英語による面接についてネーティブのコンサルタントがアドバイスします。

JAC International コンサルタント

アンドレ・リンデキュー

Andre Lindeque


2009年、人材紹介のJAC Recruitmentに入社。
その後、外資系企業を専門に扱う会社JAC Internationalに所属。外資系企業のマーケットリサーチ、マーケティング、セールス領域を担当。英語面接やライティングなど熱心な指導で求職者の信頼を得ている。

ネーティブのコンサルタントをうまく活用しましょう

You need to decide on a goal for the level you want to become and then invest enough time to get there.

 転職活動の際、英語検定試験などの結果を気にする方がいます。−大事なことは、英語検定試験の結果は、あくまで指標に過ぎないということです。もちろん、人材紹介会社の外国人コンサルタントを通さない企業にとっては大事になるかもしれません。しかし、当社のようなネーティブスピーカーのコンサルタントが在籍する紹介会社の場合は、書類上の試験の結果は重視されません。なぜなら、私のようなネーティブスピーカーが、レジュメやメールのやりとり、電話や面談での応対などで、求職者の英語力を上級、中級、初級と判定するからです。

 私が実際にお話をして問題ないと思えば、「この方のTOEICスコアは400点ですが、スピーキングもライティングも問題なく、貴社のビジネスに必要な人材です」と推薦するわけです。あなたがもし、実際の業務に関する英語力には問題がないのに、試験の得点のみを気にして転職に一歩を踏み出せないのであれば、一度、私達のような外国人コンサルタントを活用してみることをお勧めします。我々があなたのキャリア上、必要な英語の力を、実際のコミュニケーションを通じて判断して、アドバイスを差し上げられるでしょう。

「外資系の企業で必要な英語力を向上させるにはどうすればよろしいですか」。こんな質問もよく聞きます。

 私はまず、「目指す仕事で求められる英語のレベルを明らかにすることが大切です」とお伝えしています。その求められるレベルをゴールに据えて、そのレベルに必要な英語力を磨きましょう。

 当然、企業、ポジションによって求められる語学のレベルは違います。英語でネーティブと近しいスピードで話したり、相手の話を正確に聞き分けて交渉したり、またシニアレベルになると、欧米やシンガポールの本社への詳細な報告が求められます。最終的には当然、「読む、書く、話す」という総合的な語学力が必要とされますので、今目指す仕事において求められる英語のレベルを把握し、ゴールに対する自分の弱点に気付き、補強する学び方が効果的でしょう。

 語学でも仕事のスキルでも、常にポジティブに「学びなおす」という姿勢を持ち努力することは、仕事を変えたいと思ったときに有効な武器となるでしょう。