ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

英語面接なんて簡単だ!

ネーティブを相手に面接の練習をしましょう

ネーティブを相手に面接の練習をしましょう
ネーティブを相手に面接の練習をしましょう

世界を相手にするグローバル企業の求人が広がっています。
そこで日本人が苦手な英語による面接についてネーティブのコンサルタントがアドバイスします。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 マネジャー

イワナ・ネアグ

Ioana Neagu


ルーマニア出身。ブカレスト大学卒業。
ロバート・ウォルターズ・ジャパン入社。
マネジャー セールス&マーケティングB2C担当

ネーティブを相手に面接の練習をしましょう

 あなたが応募職種に興味がある場合、面接の最後にその旨を伝えておきましょう。次の面接のときに必要な資料や過去の仕事のサンプルなど何か提出を望まれる場合は、次回の面接について詳しく聞いておきましょう。こうした面接にまつわる準備は、ほかの面接でも必要ですね。そもそも基準点に達しない自己プレゼンスについては、トレーニングを積めば、何とかなります。

 一番いい練習方法は、私たちのような会社と連絡を取り、実際にネーティブのコンサルタントと会って、実践的なアドバイスや本番前の面接を行ったらいいでしょう。当然、英語で有益なアドバイスをあなたは得ることができるでしょう。モチベーションや自己についてのプレゼンスなどについて、あなたに気付きを教えてくれるでしょう。

 日本人が子供のときから受けてきた教育は、欧米流の学校での勉強とはかなり違っています。高校まで一生懸命に大学入試に備えて受験勉強して大学入学すると緩んでしまいます。逆に欧米の教育は、高校までより大学の授業は、ハードルが高く懸命に勉強しないと追いつきません。日本の教育は良い面もあると思いますが、海外企業から見ると、やや心配になる点もあるようです。

 どうしても、長年日本の教育を受けた人は欧米や中国、韓国の志願者と比べると自分の見せ方や自己表現の仕方などで劣ります。潜在的な能力を持っているのに授業で意見を述べたり、プレゼンスする経験が少なかったりするからだと思います。

 グローバル化が進む世界の中で高齢化が進む日本の将来を危ぶむ声が聞こえてきます。私は日本について悲観論者ではないので、若い世代が外国語を一生懸命に学ぶことで将来の不安を吹き飛ばすことにつながると信じています。

成功につながるポイント

Be a good listener as well as a good talker.

marketing your self.

What are you major weakness and what are your strengths?

What does ‘team work’ mean to you?

これらの質問に英語で回答してみてください。
そしてネーティブに面接官になってもらい、チェックしてもらいましょう。

(イワナ氏担当終わり)