ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

英語面接なんて簡単だ!

  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26英文のビジネスメールが苦手です 英文のビジネスメールが苦手です この人へのアドバイスは、とにかくいろいろな英文に触れて、読んで読み尽くすことが有効だと思います。Read read read ! こうアドバイスしたいですね。とりわけ、自分の仕事に関係する英文に触れることでボキャブラリーをぐんと増やすことができます。ビジネス上のボキャブラリーを増やすには、ノンフィクション、つまり ビジネス雑誌やニュース記事など、たくさんの英文を読むことがコツです。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26スキルを磨き、チャンスを逃さない スキルを磨き、チャンスを逃さない とても熱心に英語を勉強されているようですね。最近、日本では、英語検定試験の受験者が増え、私の周りにも英語が上手な人が増えていると実感しています。1年後に正社員を目指すなら、その結果を面接で何か具体的に証拠を示しながら話せるように準備しておくと良いでしょう。TOEIC800点以上を取ることも、求人企業の採用担当者へのアピールになるでしょう。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26ネーティブのコンサルタントをうまく活用しましょう ネーティブのコンサルタントをうまく活用しましょう 転職活動の際、英語検定試験などの結果を気にする方がいます。?大事なことは、英語検定試験の結果は、あくまで指標に過ぎないということです。もちろん、人材紹介会社の外国人コンサルタントを通さない企業にとっては大事になるかもしれません。しかし、当社のようなネーティブスピーカーのコンサルタントが在籍する紹介会社の場合は、書類上の試験の結果は重視されません。なぜなら、私のようなネーティブスピーカーが、レジュメやメールのやりとり、電話や面談での応対などで、求職者の英語力を上級、中級、初級と判定するからです。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26英語は「フォーマルなダンスパーティーのドレス」 英語は「フォーマルなダンスパーティーのドレス」 日本人の英語力について、私の思っていることを話しますと、私の周り?会社の同僚や友人?には英語力がある人が多いですね。私は、日本人は英語力が不足している、とは一概に言えないと思っています。ただし、街で見かける通りすがりの人々はまったく別ですが。ところで、企業の中で最も求められるのは専門スキルです。私の担当領域でいえば、マーケット調査、マーケティング、販売のプロとしての実力が求職者には欠かせません。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26ネーティブを相手に面接の練習をしましょう ネーティブを相手に面接の練習をしましょう あなたが応募職種に興味がある場合、面接の最後にその旨を伝えておきましょう。次の面接のときに必要な資料や過去の仕事のサンプルなど何か提出を望まれる場合は、次回の面接について詳しく聞いておきましょう。こうした面接にまつわる準備は、ほかの面接でも必要ですね。そもそも基準点に達しない自己プレゼンスについては、トレーニングを積めば、何とかなります。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26面接を成功に導くヒントとコツ 面接を成功に導くヒントとコツ 日本で外資系企業などの求人案件を取り扱うコンサルタントをしています。当社はプロフェッショナルの方々の紹介を専門とする人材紹介会社です。日本の転職希望者と頻繁にお会いしていますが、ネーティブとの面接について、ここでは2回に分けて気付いたことをまとめ、アドバイスとしたいと思います。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26あなたの趣味やライフスタイルは必ずチェックされます あなたの趣味やライフスタイルは必ずチェックされます 日本の企業の面接では、仕事以外の趣味、休日の過ごし方についてはまったく評価されないと思います。ところが、グローバル企業、特に欧州の企業の面接では、あなたの趣味、休日の過ごし方に興味を持ちます。でも無理やり休日の過ごし方をでっち上げないでください。正直にあなたの趣味や休日の過ごし方を話してください。あとでつじつまが合わなくなるためです。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26年収交渉では希望金額を明かさないほうがよい 年収交渉では希望金額を明かさないほうがよい 日系企業と違って外資系では、年収交渉では、希望する年収を伝えないほうがいいと思います。エージェントに依頼している場合は、年収の交渉はエージェントに任せますが、自分で交渉する場合、年収額を話すと、その年収以上の金額は払われることがないからです。英文で説明するとこうなります。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26外資系企業で必ず聞かれる質問は何でしょうか? 外資系企業で必ず聞かれる質問は何でしょうか? 面接で聞かれる質問は、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはスキルに関する質問、もうひとつはパーソナリティーに関する質問です。スキルに関しては、求職者の担当業務内容について聞かれ、ここもまた、求職者が自分の職務やスキルについてプレゼンするチャンスです。簡潔に質問に答えるのではなく、取り扱っている法律や契約書の種類、クライアント対応の内容や、どのような部門サポートをしているかなど、できるだけ具体的に答えましょう。また、これまで経験した法務案件でのチャレンジや困難だったことなども聞かれますので、もちろん守秘義務の許す範囲でできるだけ詳しく話し、自分のキャパシティを伝えることが大事です。
  • 英語面接なんて簡単だ! 2015/01/26弁護士の転職で気を付けることは? 弁護士の転職で気を付けることは? 弁護士の転職先としては、一般的に法律事務所か企業内の法務部門が考えられます。外国人の面接官は、オープンな質問をして、求職者のパーソナリティーを浮き上がらせる作業をします。例えば「Tell me about yourself(あなたのことについて少しお話して下さい)」のような質問をすることで、求職者が自分自身についてプレゼンする機会を与えています。
転職力&年収査定テスト 「5期連続営業黒字」の中堅・中小企業