ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

企業インタビュー

40代&未経験者にも正社員のチャンス!

40代&未経験者にも正社員のチャンス!

総合物流の山九は、政府が推進する就職氷河期世代向け就労支援にいち早く賛同し、「3年間で氷河期世代300人採用」の目標を掲げる。30代半ばから40代半ばの中途採用に力を入れる目的や同世代に限定した採用の反響を山九の青山勝巳・人事部長に聞いた。

――氷河期世代を対象にした採用を始めたきっかけを教えてください。

当社の社長がちょうど氷河期世代にあたり、もともと「何か貢献したい」と考えていたことが背景にあります。それに加え、近年は現場における人手不足感が高まっていたうえ、残業規制などの働き方改革も同時に実行していないといけない状況で、新卒、中途とも目標数の採用が難しくなっていました。従来、採用で年齢制限を設けることは法律で禁じられていましたが、2019年に政府が「就職氷河期世代支援プログラム」を示し、氷河期世代に限り、年齢限定の採用が認められることになりました。当社はこれを新たな人材の採用手段になりえると考え、すぐに手を挙げました。社員構成において、氷河期世代が他世代と比べ約1割少なく、バランスをとる必要があったという事情もあります。

――氷河期限定採用を開始し、どのような反響がありましたか。

採用サイトのページビューが通常の10%以上増えました。ただ、この制度を始めた当初は、ハローワーク経由でしか募集できないなどの制約があり、2020年1月末時点では、応募が70人強、うち、採用されたのは11人と想定よりも少ない水準にとどまっていました。今年2月に条件が緩和され、より幅広い採用ツールを使えるようになったことで、今後は転職サイトや転職フェアを通じて露出を増やすと同時に、インターンシップなどの場で未経験者でも可能な仕事であることを丁寧に説明することで応募が増えると期待しています。

――選考の過程で気づいたことはありますか。

自己PRが苦手な人が多いようです。新卒学生ではまず考えられないのですが、履歴書の自己PR欄が空白になっていたり、面接など対面でのアピールも物足りなかったりする印象です。氷河期世代でキャリアに苦労してきたからこそ、これまでの人生で経験してきたことや強い思いを抱いていることがきっとあるはず。まずはそこから振り返り、応募理由などを分かりやすく伝えられるようにしてほしいと思います。「自分自身の客観的な分析」を工夫するだけで、採用担当者に皆さんの熱意が届きやすくなるはずです。

――応募してきた人の特徴を教えてください。

直近の職業としては、正社員の人と非正規の人が半々ぐらい。もう少し非正規の人の応募が多くなるかと思っていたので、少し意外でした。応募の動機は「経営が安定している」「安定した雇用が期待できる」を選ぶ人が大半でした。本社での一括採用ではなく、本社や支社、事業所単位で採用をしているため、関西地方や中国地方に住む人の応募が多い傾向があります。現在、正社員の人は、通常の転職活動の一環として当社を検討しているというイメージです。氷河期限定採用を始めたことでメディアなどの露出が増えて認知度が高まり、転職先として選択肢に入ることが増えていると感じます。今まで当社に興味がなかった人の応募は大変ありがたいです。

――今後の採用について改善を検討している点はありますか。

現状、どうしても「力仕事の会社」「経験がないと難しそうな会社」というイメージを持たれがちで、それが応募へのハードルになっているようです。「未経験でもチャレンジできる」という面を含め、当社をもっと知ってもらうため、様々な工夫をこらしてアピールする必要があるでしょう。社会人インターンシップ、会社・工場見学などを実施したり、業務を疑似体験してもらったりといった施策を通じて、できるだけ双方向のコミュニケーションを増やしたいと思っています。

――入社後の研修はどのように行われるのですか。

当社の研修は年齢や経験に関わらず、氷河期世代の人も一般社員と同様に集合研修を受けたのち、OJT(職業内訓練)で仕事を覚えることになります。氷河期世代採用を開始する前、ただでさえ人手不足で忙しい現場からは教育の手間を懸念する声もありましたが、これまでのところ、研修は狙いどおりに機能しています。通常の新卒と比べ人生経験が豊富な分、教育の期間も大幅に短縮できると考えており、ゆくゆくは現場監督になるような人材も育てていきたいです。

――最後に、氷河期世代にメッセージをお願いします。

少しでも興味を持っていただいたら、迷わずチェレンジしていただきたいと思います。「自分に自信がない」「職務経験に乏しい」などと尻込みする必要は全くなく、「氷河期世代に該当するから」というシンプルな理由で応募して構いません。皆さんの希望を少しでもかなえられるよう、門戸を広くしてお待ちしています。氷河期世代の皆さんの活躍に期待しています。

山九株式会社(本社:東京都中央区)
東証1部上場。プラント・エンジニアリング、ロジスティクス、オペレーション支援を結びつけたビジネスモデルを展開。操業支援と設備のメンテナンス、調達・生産・販売の各種物流まで一貫して請け負えるのが強み。従業員数は約1万2000人(国内)