ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

企業インタビュー

転職3回、マーケ極めて大手化粧品からスイーツ専門店

転職3回、マーケ極めて大手化粧品からスイーツ専門店

ベイクの川原林毅彦さん

大手企業とは異なる魅力にひかれ、ベンチャー企業への転職を考える人が増えています。すでにベンチャーへの転職を果たした人へのインタビューを通じ、新興企業で働く醍醐味や活躍する人材像を紹介する連載。第3回は焼きたてチーズタルト専門店など、人気スイーツブランドを運営するBAKE(ベイク、東京・港)のマーケティング部長、川原林毅彦さん(43)です。

――新卒で就職したのは化粧品会社でした。

「学生時代に所属した広告論のゼミの研究テーマが化粧品業界だったことがきっかけです。どのような付加価値、メッセージをのせて、消費者に他社商品との違いを訴えるかによって、化粧品の価格は大きく変わります。このため、年間の広告費が非常に大きくなります。マーケティングを学ぶ立場としては非常に興味深い商材でした。顧客とのコミュニケーション次第で異なる付加価値を感じてもらえる。そんな仕事に魅力とやりがいを感じました」

「最初の3年間は海外事業部のマーケティング担当として、グローバルな化粧品市場全体の調査・分析や海外向け商品の企画・開発を幅広く担当し、4年目に米ロサンゼルス(カリフォルニア州)にある現地法人に派遣され、米国ではマーケティングマネジャーとして、現地向け商品の企画・開発、販売促進に携わりました」

川原林毅彦さん

1976年生まれ。2000年早大商卒、大手化粧品会社入社。約3年、海外事業部でマーケティング(市場調査、海外市場向け商品の企画・開発)に従事した後、米国現地法人に駐在。05年大手広告代理店入社。15年家事代行会社入社、マーケティング部長を務める。19年9月ベイク入社。

「現地では終業時間に仕事を終えるのが当たり前。夕方以降の時間や週末にゆとりができ、ビールで息抜きしたり、ゴルフやサッカーに興じたり、現地の生活をおう歌しました。半面、『このままでは自分はダメになるかもしれない』と焦燥感にかられるようになりました。『さまざまな業界のマーケティングも体験したい』との気持ちも募り、転職を考え始めました。当時、29歳でタイミング的にも『ちょうどいいかな』と思いました」

「転職先については『多種多様なマーケティングを学べる場』として広告代理店に的を絞り、転職サイトや代理店の採用サイトに登録しました。たまたまそのころ、友人の結婚式が重なり年数回、1泊3日の日程で一時帰国していました。帰国のたびに面接を受け、大手広告代理店への入社が決まりました」

――念願の広告代理店での仕事はどうでしたか。

「代理店では、担当する顧客の広告戦略について、一番はじめのコンセプトを決めるところから、最終的に広告として日の目を見るまで、一気通貫で担当する仕事を担当しました」

「最初に担当した大手電機メーカーでは、まだ黎明(れいめい)期にあったスマートフォンのブランディングに従事しました。市場が成熟した商品は価格競争に陥りがちで、マーケティングとしてできることが限られます。半面、当時のスマホのように商品自体がまだ認知されていない場合、人々の生活をどう変えるのかなど、打ち出せるメッセージはいくらでもあり、マーケティング担当者の腕の見せどころでした。毎日午前3時ごろまで働く激務でしたが、『パラダイムシフトの一端を担っている』と実感でき、モチベーション高く働くことができました」

誰かのためになる仕事をしたい

「担当する業界が変わりながら、その後8年近く、この生活が続きました。ただ、40歳まであと数年となったころ、深夜遅くまで残業する生活が体力的にきつくなってきました。また、ちょうどそのころ広告代理店と顧客企業の関係が変わってきていました。それまでは消費者データについて、企業は代理店を頼っていたのですが、電子商取引(EC)の普及で直接、データを集められるようになってきたのです。毎日遅くまでボロボロになりながら働いているのに、一体誰のためになっているのか――。これまでの働き方に疑問を感じ、体力的負担を軽減するとともに『誰かのためになる仕事をしたい』と考え、転職へと気持ちが傾きました」

――3社目に選んだのはベンチャー企業でした。選んだ基準は何だったのですか。

「『誰かのためになる仕事』ということを軸にして転職先を探しました。しかし、自分の家族に目を転じると、2人目の子供が生まれたばかりなのに、私は深夜まで残業続き。私に頼れない妻は、自分自身もフルタイムで働いていたにもかかわらず、全てを一人でこなす『ワンオペ』状態で大変そうでした」

「自分の家族すら幸せにできていないのに『誰かのために』というのはおこがましい――という気持ちになり、まずは『世の中に多数いるであろう自分の妻のような人のためになる仕事』と考え、転職エージェントから紹介された家事代行会社に転職することに決めました」

マーケティングの全てを体験するための選択

「マーケティングのプロとして成長するには、商品の企画・開発、価格設定、売り場づくりを含め、マーケティングの肝となる過程を全て体験する必要があると考えたからです。こうした過程は通常、顧客企業が自ら決定するものです。代理店はそれに沿って広告戦略を立案するのが役割でした。事業会社で働いたとしても、組織が細分化されている大企業では、全体を担当することはできないので、代理店を辞めると決めた時点で『次はベンチャーで』と気持ちが固まっていました」

「最近、配偶者が転職に反対する『嫁ブロック』が話題ですが、私の場合も大手企業からベンチャーへの転職とあって当初、妻は非常に心配し反対しました。『キャリアを積むために必要』と根気強く説明して、最終的には納得してもらいました。年収が代理店時代より少し上がることも後押しする材料になったと思います」

「家事代行会社では、マーケティングの体制がほとんど整備されていなかったので、ターゲット層の設定やサービス内容など、ほぼまっさらの状態から設計しました。私が主導して立ち上げたECサイトは2年で年商20億円の事業に育ち、『やりきった』という思いが膨らみました。マーケッターとしての幅を広げるため『今度は店舗ビジネスに挑戦したい』と3度目の転職を決意しました」

――ベイクに目を向けた理由は何ですか。

「前回の転職活動では『誰かのためになる仕事』を探しましたが、このときは『自分が好きなことに携わりたい』と考え、『大好きな食べることに関わる店舗ビジネス』を希望しました。転職エージェントを通じ、外食関連企業から幾つか打診がありましたが、最終的には、自ら直接応募した唯一の会社、ベイクに決めました」

川原林さんはベイクの印象を「熱い思いを持っている人がとても多い。商品を育てることを皆が『自分ごと』として捉えている」と語る

「経営幹部の『単純な食の会社ではなく、ブランドビジネスだと思ってほしい』との言葉に心動かされたのです。メッセージの打ち出し方、見せ方によって、お菓子の価値をさらに何倍にもして届けることができる――。そこに、マーケッターとしての自尊心をくすぐられました。少子高齢化が続く国内市場だけの外食ビジネスは厳しいと思っていたので、海外展開への積極的な姿勢も重要な点でした」

「ベイクには『ベイクチーズタルト』や『プレスバターサンド』など現在、8つのブランドがありますが、発売からの年数が違うため、ある商品は売り上げ急拡大中、ある商品は人気が落ち着き安定期に――といった具合に異なるステージにあります。一つ一つのブランドごとに、先を見据えながら、必要な戦略を構築することが重要です。全てブランドごとの短期、中長期の戦略を立て、社内の関連部署の意思を統一し、必要な策を実行していくこと、同時に競争力の高い新ブランドを立ち上げることが現在の私のミッションです」

「ベイクはもともと、商品開発とクリエーティブ(デザイン)の2つの特徴で成長した会社です。独自デザインの包装材などにこだわり、『おいしいものをかっこよく届けよう』というコンセプトで右肩上がりの売り上げを実現してきましたが、規模の拡大に伴い、会社として必要な要件が変わってきたことは否めません。『一等地の格好いい店舗×おいしいお菓子』という必勝パターンは立ち上げ期としては十分ですが、まねされやすく、次の競争軸をつくる必要があります。店舗ビジネスは、顧客への説明の仕方やパッケージなど、販売促進の工夫が売り上げに直結するため、マーケッターとして『腕の見せどころが大いにある会社に入った』とやりがいを感じています」

前向きな思い強く不安感じず

「入社してまだ半年もたっていませんが、これまで商品開発部門が主に担ってきた新ブランドや新商品の立ち上げを、今後はマーケティング部門がリードできるよう、組織を活性化し人材育成にも積極的に取り組んでいきたいです。会社全体に目配りして、戦略を立案する役割にも興味があり、ゆくゆくは経営のポジションにも挑戦できればと思っています」

――転職を重ねることに不安はありませんでしたか。

「1社目を辞めるときは、同期でまだ誰も転職者はおらず、似たような前例もなかったため自分自身、非常に抵抗がありました。2回目以降は『やり切ったから次のステージへ』という前向きな思いが強く、それほど不安は感じませんでした。今後の転職については全く考えていません。正直なところ、もう転職はしたくありません。結構エネルギーを使うので……(苦笑)」

「ただ、自分自身の知識や経験、スキルが今の会社から『必要ない』と思われたら考えるかもしれません。40歳代での転職は、20歳代、30歳代の過去2回の転職とは明らかに考え方が違いました。以前は『自分自身の成長』にばかりフォーカスしていましたが、今回は完全に『自分自身が会社に役立つか。貢献できるか』という意識でした」

「それだけに、会社に貢献できなくなるのであれば、自分が役立つ環境へ移ることを考えると思います。実は最終的には自分で商売をしたいという夢があり、家族には『大好きなスペインのバルセロナで唐揚げ屋さんをする』と話しています(笑)」

「仕事」としてではなく「自分ごと」として

――これまでの体験から、ベンチャーならではの特徴は何だと思いますか。

「よく言われることですが、やはり意思決定のスピードが大企業とは全く違います。組織が非常にフラットで、とにかく何でもすぐに決まります(笑)。たとえば昨年秋、東京駅の『プレスバターサンド』の店舗で、京都限定の抹茶フレーバーの商品を期間限定で販売したのですが、わずか2週間で決まりました。すぐに抹茶味の商品が店頭に並び、通常の1.5倍の売り上げを達成しました」

「ベイクという会社の特徴としては、自社ブランド、商品が大好きで、熱い思いを持っている人がとても多いですね。単に『仕事』としてではなく、商品を育てることを皆が『自分ごと』として捉えているという印象です。それゆえ、部署横断の会議では各部署の利害がぶつかり、ヒートアップすることもしばしば。一般論ですが、大企業で白熱した会議というのはあまり多くないように思いますので『ベンチャーらしいな』と感じつつ、真剣かつ熱い議論に参加しています」

「店舗ビジネスはマーケッターとして、腕の見せどころが大いにある」と川原林さんは話す

――ベンチャーで活躍できるのはどんな人材だと考えますか。

「第1に『カオス(混沌)』を楽しめる人。例えば、通常お菓子の新ブランドの立ち上げには1年以上かけることが多いのですが、ベイクでは『半年後で』という依頼を担当者が平気で受けてきます。そこからは本当に混沌とした状況が続きます。部門間の摩擦も少なくないですが、それを含めて楽しめる人でないときついでしょう」

「第2に、主体性を持って仕事に取り組める人。大企業のように、『自分が止まっていても誰かがやってくれる』ということはありません。一人でも責任を全うしない人がいると全てが止まってしまう。ビジネスパーソンとして当たり前のことですが、特にベンチャーでは、自分の仕事の責任を全うする気概が絶対に必要だと思います」

人事部からひとこと

人事総務部 採用・教育チーム 松野千鶴さん

採用の理由として最も大きかったのは、コミュニケ―ション能力の高さです。当社は組織づくりで試行錯誤が続くなか、社内の幾つもの部署、原料メーカーやデベロッパーといった取引先など、多数の利害関係者の意見を聞き、まとめ、皆が同じ方向に向くよう引っ張っていける「コミュニケーションの核」となる人材を必要としていました。

当社は創業7周年を迎えます。スタートアップ期を終えて次のステージに進んだところにあり、組織として転換期を迎えています。新規株式公開(IPO)を目指していることもあって、2019年からかなりの人数を中途採用してきました。現在、募集中のポジションは減りましたが、労務や財務などのプロフェッショナル人材の採用は引き続き強化しています。

採用で重視しているのは、当社の行動指針として設けている「7バリュー(主体性を持つ、論理的に考える、情熱を持つ、など)」を満たしているかどうかです。また、スイーツビジネスの特徴として、既存ブランドの拡大とともに、新規ブランドを定期的に投入する必要があるため、1を10にできる人に加え、ゼロから1を生み出せるような人材にも期待しています。

BAKE(ベイク)
2013年設立。従業員数約300人(19年11月時点)年間販売個数が約3500万個の「ベイクチーズタルト」や約2500万個の「プレスバターサンド」をはじめ、8つのブランドのスイーツ専門店を展開。総店舗数は約110店(中国や米国など海外含む)。