2015.10.14

百考一行不如

 皆さんがよく聞いたり、目にしたりする故事成語「百聞は一見にしかず(百聞不如一見)」。転職においても世代を超えて、様々な悩みや疑問を抱えている方が多数います。そこで、日経キャリアNETの登録者から寄せられる悩みや疑問で主だったものを取り上げ、パッと読める参考事例を紹介します。Q&A形式で端的にまとめてありますので、一読してみてください。

2016年10月15日(土)開催1月14日(土)開催【日経キャリアノミクスとは】

『日経キャリアノミクス』は新しい働きかたについて考えるきっかけと、企業との新たな出会いを創出するイベントです。

【主なイベントコンテンツ】

2016.10.07

日本人女性初の受賞はいつの日か

今月3日からノーベル賞の発表が始まり、ノーベル生理学・医学賞に東京工業大学の大隅良典栄誉教授が選ばれました。日本人の自然科学系のノーベル賞受賞は3年連続。大変喜ばしいことですが、創設者のアルフレッド・ノーベルの命日に当たる12月10日の授賞式に登壇した日本人の女性は、100年以上を誇るノーベル賞の歴史の中で、まだ現れていません。世界の全受賞者で見ても女性は少ないのが実状です。

2016.09.29

決断はビジネスパーソンとしてか、人間としてか

今年5月、日本で8年ぶりに三重県志摩市で開催された主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)。テレビの報道で目にした人も多いと思いますが、来日する各国の代表団やプレス関係者に対し記念品として贈られたのが、話題にもなった「サミットバッグ」です。

2016.09.21

こころよく 我にはたらく仕事あれ

2016年は歌人、石川啄木の生誕130周年。生まれた頃から大半を過ごした盛岡を離れ、小説家を目指しては挫折を繰り返し、北海道など各地を転々。東京・小石川で人生の終焉を迎えるまで、啄木の生き様は順風とは程遠い、生活苦や病苦などと常に隣り合わせのようなものでした。「こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて死なむと思ふ」。