財務の職務経歴書サンプル

実務経験が大切な職種。経験をより具体的に丁寧に記入することが最大のポイント

実務面の能力をアピールするには、一連の業務を棚卸し、見やすく表記することが大切。 限られたスペースで、明確に自分の実績と意志を伝えることを心掛けてください。

(1)【職務要約】簡潔な経歴と共に自分の強みをアピール。
今までの経歴を簡潔にまとめると同時に、自分の得意分野を強調すること。人事担当者が、さらに興味を持って読み進みたいと思うような、まさに求められている業務経験を強調するのも有効。
(2)【職務内容】具体的に。わかりやすく。丁寧に。
財務系職種は、資金計画から調達、運用管理、また経営計画策定等多岐にわたる。今回 求められている業務は何か、また自分として今後どんな業務経験を積んでいきたいかをイメージしながら、具体的に記載することが大切。
(3)【資格・語学力】経験を裏付ける有力な武器。
企業によっては、必須条件として挙げるところも。有資格者は、必ず明記。またビジネスのグローバル化により、今後外資系企業に限らず日系企業でも英語力の二―ズはさらに高まるのは必須。

財務の職務経歴書3つのポイント

  1. 1

    具体的に記載しましょう

    例えば、資金調達ではどの市場から調達したのか、資金運用においては、どのような運用をしたのか、また財務戦略においてはどんなプロジェクトなのか等具体的に記載しましょう。

  2. 2

    資金運用でのポイントはここ!

    資金運用において、リスクが高い商品の運用経験がある方の評価は高い傾向にあります。

  3. 3

    英語力は積極的にアピール!

    英語力がある人を求める求人が増えているので、忘れずに記入してください。

職務経歴

20××年×月×日 現在
氏名 ○○ ○○

■職務経歴 要約・実績

・東証1部上場企業において、財務の実務経験×年。
・資金調達の経験×年(社債の発行/銀行からの借り入れ/シンジケートローン組成)
・課長として部下×名のマネジメント

■職務経歴

××××年×月~××××年×月
○○株式会社(在籍期間:×年×カ月)
上場区分:東証1部 従業員数:×××名 資本金:×億××円 売上高:×××万円
事業内容:○○○○
職位:財務課長

・債権管理(約×年)
➢売掛金・買掛金の管理

具体的に記載しましょう

例えば、資金調達ではどの市場から調達したのか、資金運用においては、どのような運用をしたのか、また財務戦略においてはどんなプロジェクトなのか等具体的に記載。

・資金調達(約×年)
➢社債の発行
➢銀行からの借り入れ
➢シンジケートローンの作成

資金運用でのポイントはここ!

資金運用において、リスクが高い商品の運用経験がある方の評価は高い傾向にある。

・資金運用(約×年)
➢資金運用事務(預金設定、国債発注、自社設定投資信託管理、保有有価証券のリスク管理等)

・財務戦略(約×年)
➢予算編成 実績との差異分析
➢中期経営計画の策定

■資格・語学力

語学力:英語力ビジネスレベル

英語力は積極的にアピール!

英語力がある人を求める求人が増えている。

ページトップへ