事業再生・M&A業務の職務経歴書サンプル

実績を詳しく記載することで、具体的なアピールポイントにつなげます!

一言で事業再生やM&A業務といっても、かかわる業務分野は多岐にわたります。
過去に手がけた案件をできるだけ詳しく記載することで、ご自身の得意な分野を際立たせるとともに、企業への訴求力を高めます。

案件の種類や数はもちろん、規模や成果、プロジェクト内での役割を具体的な数字とともに表記すると、より効果的です。
守秘義務がある場合もありますが、できる範囲で業務内容を明確にし、採用者の立場になって、
あなたのパフォーマンスがみえる職務経歴書を作成することを心がけましょう。
また、昨今は海外案件が急増しているため、語学力を要されるケースがあります。
会計系の資格の記載はもちろん、英語力の記載も重要です。

事業再生・M&Aの職務経歴書3つのポイント

  1. 1

    過去の転職歴を工夫して書く

    新卒から従事することの少ないこの業界。過去の転職の経緯がわかりやすいように略歴(サマリー)でまとめます。

  2. 2

    クロ-ジング案件も入れる

    一言でM&Aや企業再生といってもかかわる業務や種別は多岐にわたります。これまで扱った案件の種類、クロージングしてきた案件の数は、書きましょう。

  3. 3

    採用者の目線を意識する

    守秘義務があって詳細を公にすることが難しいM&Aや事業再生のプロジェクト。ただし、あいまいな表記では、PRにつながらないこともあるため、できる範囲で下記内容を入れましょう。
    (1)プロジェクトの中での役割
    (2)具体的に関与した業務内容・案件規模・金額
    (3)経過・成果

職務経歴書

20××年×月×日 現在
氏名 ○○ ○○

■職務経歴 要約

過去の転職歴を工夫して書く

新卒から従事することの少ないこの業界。過去の転職の経緯がわかりやすいように略歴(サマリー)でまとめます。

クロ-ジング案件も入れる

一言でM&Aや企業再生といってもかかわる業務や種別は多岐にわたります。これまで扱った案件の種類、クロージングしてきた案件の数は、書きましょう。

19××年×月、○○大学経済学部卒業後、株式会社○○銀行に入社。主に法人営業部での融資・渉外業務ならびに債権回収業務を経験。
20××年×月、○○銀行との合併を機に、現職である株式会社○○キャピタルパートナーズの代表より請われ転職。
現職では、M&A(クロスボーダー、法的整理案件を含む)のアドバイザリー業務、ならびに企業再生業務を、プロジェクトチームの責任者として担当。これまでに、15件のM&A案件をクロージング、30社以上の経営不振企業に対し収益改善のための再生コンサルティングを実施している。

■職務経歴 詳細

株式会社○○○キャピタルパートナーズ  20××年×月~現在
資本金/××億円  従業員数/×名

企業再生業務

プロジェクトチームの責任者として、会社更生法や民事再生法を申し立てた会社、および債務超過に陥っている会社など20社以上に対し収益改善ならびに財務体質改善のためのコンサルティングを実施。

採用者の目線を意識する

守秘義務があって詳細を公にすることが難しいM&Aや事業再生のプロジェクト。ただし、あいまいな表記では、PRにつながらないこともあるため、できる範囲で下記内容を入れましょう。
(1)プロジェクトの中での役割
(2)具体的に関与した業務内容・案件規模・金額
(3)経過・成果

【主な業務内容】
・企業再生のための戦略構築、事業再生計画および行動計画の策定
・計画実行の支援(利害関係者との交渉、債権者集会の実施、行動計画のフォローなど)
・法的整理申立てにかかわる実行支援
・企業組織再編(持株会社化や会社分割など)にかかわる実行支援、法的整理申立て企業における財産評定業務など

【主な成果】
・約300億円の借入債務を抱えた赤字企業に対し、約40億円にまで債務圧縮に成功(事業再生計画の策定、子会社および不動産等の資産売却、収益改善のための各種施策の行動計画作成および実行支援、金融機関とのリスケ交渉等を実施)
・約50億円の借入債務を抱えた未上場企業に対し、約3億円にまで債務圧縮に成功(事業再生計画の策定、会社分割を用いた優良事業部門の切り離し、サービサーを活用した不良債権処理スキーム等を実施)
・業績不振企業に対し、相談受領後約3週間で会社更生法の申立てを実施

M&Aアドバイザリー業務

プロジェクトチームの責任者として15件のM&A案件をクロージング、途中で中断した案件を含めると30件以上に関与し、プロジェクト遂行にかかわる経験や知識を蓄積した。

【主な業務内容】
・ビジネスデュー・ディリジェンスの実施(事業計画の精査、業績改善余地およびシナジー効果の抽出)、およびM&Aスキームのプランニング
・財務デュー・ディリジェンスの実施、株式価値算定書の作成
・ディール全体(スケジュールおよび各種タスク等)の進捗管理、各専門家のアレンジおよび監督指揮、契約書類等の文面の詰め
・契約交渉のサポート、経営トップの決断のサポート並びにディール関係者との折衝および根回しや、報告会・検討会議の司会進行役など

【主な成果】
・東証一部上場企業によるTOBを用いた東証二部上場企業(売上高約170億円)の買収
・米国系企業の子会社であった日本法人(売上高約1800億円)の買収
・法的整理申立て企業よりスポンサー企業への事業譲渡4件(うち会社更生法1社、民事再生法3社)、上場企業の子会社など未上場会社の売却

株式会社○○銀行 19××年×月~20××年×月

 19××年×月 ○○支店配属
・主に融資事務・外為事務に従事
 20××年×月 ○○法人営業部配属
・融資・渉外担当として中堅中小企業約70社を担当、27社を新規開拓し業績表彰に貢献
・自己査定・金融庁検査に対する分類債権の分析および保全回収業務を実施

■資格等

・TOEIC 830点
・証券アナリスト検定会員(20××年×月)

ページトップへ